皆さん「猪苗代湖」という湖はご存知でしょうか?
猪苗代湖は、福島県のほど中央にあり、日本で4番目に大きい湖なんです!
大きさだけではなく、日本トップクラスの透明度を誇り、猪苗代湖は別名「天鏡湖」なんて呼ばれているんです。
どんな湖なのか皆さん行って見たくなりますよね。

そこで今回はこの猪苗代湖の魅力やお勧めについてご紹介していきます!

猪苗代湖の冬の風物詩!

白鳥

猪苗代湖は冬になると一面が銀世界になり、情緒ある風景に一変します。
そして、毎年冬になると、シベリアから約4000羽の白鳥が猪苗代湖を訪れ、この時期は観光スポットとしても有名になります。
白鳥が訪れる時期としては、10月から翌年の4月ごろまで。
運が良ければ、白鳥が列をなして飛んでくるところを見ることができるかもしれませんよ!

また、白鳥を見るだけではなく、白鳥に餌を与えることもできるので、毎年、全国から多くの野鳥ファンが押し寄せます。
実際に私も冬場猪苗代湖を訪れ、白鳥に餌を与えたことがありますが、白鳥は慣れているのか、自分たちから私たちのほうへやってくるんです!
とてもかわいいですよね。

冬の猪苗代湖は景色だけではなく、普段あまり見ることができない白鳥の姿も見ることができるのでお勧めですね。

猪苗代湖は夏場も楽しい!

ウェイクボード

猪苗代湖は夏場も楽しいイベントが多くあります。
例えば、猪苗代湖全体を堪能する「ウェイクボード」です。
ウェイクボードとは、モーターボートに引っ張られて、スキーのように水面をすべるスポーツです。(水上スキーですね)
猪苗代湖ではこのウェイクボードを楽しむことができ、初めての人でも簡単に乗ることができるのでお勧めですね。
猪苗代湖のきれいな水面を走れるなんて、とてもうらやましいです。
観光だけではなく、スポーツもできるなんて最高ですよね。

またほかにも夏場は湖水浴も楽しむことができるので、家族連れにもぴったりです。
湖は波がほとんどないので、小さいお子様でも無理なく泳ぐことができます。
「海に行きたいけど遠いし、日焼けするのは嫌だ」という方はぜひ猪苗代湖で湖水浴してみるのもいいかもしれません。

まとめ

猪苗代湖は、ただ観光として訪れるだけではなく、白鳥に餌を与えたり、スポーツもできるので、春夏秋冬一年中楽しむことができます。
福島県に来た際にはぜひ猪苗代湖を訪れてみてはいかがでしょうか?

INFORMATION

名称 猪苗代湖
公式URL http://www.bandaisan.or.jp/
記事リンク 猪苗代湖:http://jp.neft.asia/archives/304
GOOGLE MAP