歴史

【岩手県】岩手・盛岡はなぜそう呼ぶの?地名の由来を探る!

わんこそば・盛岡冷麺・じゃじゃ麺などの食文化、毛越寺や中尊寺などの歴史遺産と見どころ満載の岩手県ですが、「なぜ岩手県は岩手の名前になったのか」考えたことはありますか?

岩手県や盛岡市の地名は知っていても地名の歴史は知らない人が多いのではないでしょうか。そこで本記事では、岩手や盛岡の地名の由来や現在の岩手県誕生の歴史を紹介していきます。

「岩手」の地名の由来とは

この投稿をInstagramで見る

Steel Blue(@steel_blue_japan)がシェアした投稿

岩手の由来には、古くからの伝承が関連しています。いくつか説はありますが、今回は取り上げられることの多い「三ツ石様と羅刹鬼」の話を紹介します。

盛岡市三ツ割の地にある東顕寺(とうけんじ)には、注連縄が括りつけられた大きな3つの岩があります。3つの岩は岩手山の噴火で飛んできたものとされ、「三ツ石様」の名で人々の信仰を集めていました。

かつて羅刹鬼と呼ばれる鬼が、村や旅人に悪さをするので困っていたため、三ツ石様に鬼を懲らしめるようお願いしました。すると、鬼は神様によって3つの大きな岩に縛り付けられたのです。

羅刹鬼は驚き、もう悪さはしないと約束をしたので、三ツ石様はそれなら二度と悪さをしない証を残せと命じました。羅刹鬼は三ツ石に手形を残して、南昌山の彼方に逃げ去ったと言われています。

以上が伝承で、「岩に残された手形」から「岩手」という地名になったそうです。今でも雨上がりの時にはうっすらと手形のようなシルエットが見えるといいます。

「盛岡」の地名の由来とは

この投稿をInstagramで見る

コーゴ(@kogork)がシェアした投稿

盛岡の由来にも、いくつか説はあり、今回は有力とされる「城の移動に伴う名称変更」の話を紹介します。

江戸時代・1615年頃に、南部氏が現在の盛岡にあたる不来方(こずかた)へ城を移す際に、「あまりに人が寄ってこない土地」の意味は縁起が悪いと「森ヶ岡」に変更しました。

その後、森ヶ丘は「森岡」に変わり、さらに森と同音で盛り上がる意味を持つ「盛」が採用され、「盛り上がり、栄える岡」の盛岡になったとされています。

盛岡県から岩手県へのあゆみ

現在の岩手県になるまでには、長い歴史があります。特に盛岡の名前が登場する、江戸時代を起点に解説していきます。

江戸時代、現在の岩手県は北部を盛岡藩・八戸藩の南部氏が、南部を仙台藩・一関藩の伊達氏が支配していました。

ところが幕末を迎え戊辰戦争(1868年)を期に事態は変わっていきます。明治政府に反抗する奥羽越列藩同盟を陸奥国、出羽国、越後国の諸藩で結成し、戊辰戦争を戦うものの敗戦。岩手圏域は明治新政府の管轄となっていきました。

そして明治3年7月に盛岡藩は財政難につき、全国に先駆けて廃藩置県を実施し、盛岡県になりました。そこから約1年半もの間に繰り返し合併や改称が行われ、明治5年1月、盛岡県が岩手県と改称。最終的には明治9年(1876年)5月に現在の県域が決定しました。

岩手県の成り立ちを知れるスポット3選

岩手県や盛岡市の歴史に興味を持った人にぜひ行ってほしいスポットを3つ紹介します。実際に自分の目で歴史を知ると、より一層面白さが増しますよ。

岩手県立博物館

この投稿をInstagramで見る

宙 シオン(@solasione)がシェアした投稿

岩手県立博物館は、地質・考古・歴史・民俗・生物などの資料から岩手県の自然史や文化史を学べる施設です。「いわての歩み」ブースでは、古代~近代までの岩手県の歴史を貴重な展示物を見て学べます。

また、毎週日曜日13時~14時には「化石のレプリカづくり」や「土器づくり」など、子ども向けの体験イベントも開催しているので、家族での来館もおすすめです。

INFORMATION
  • スポット名 岩手県立博物館
  • 住所 岩手県盛岡市上田松屋敷34
  • 営業時間 火~日 9:30~16:30
  • 電話番号 019-661-2831
  • URL 岩手県立博物館
  • Google map

もりおか歴史文化館

この投稿をInstagramで見る

noriちゃん(@changgenxuanxing)がシェアした投稿

城下町盛岡の歴史を学べる施設です。盛岡城が建築される以前の様子や江戸時代の人々の暮らしが覗ける展示が集められています。

資料以外にも盛岡の伝統的な祭りの「チャグチャグ馬コ」の実物大モデルや盛岡藩時代の町家を再現したブースなど、魅力的な展示が見どころです。

INFORMATION
  • スポット名 もりおか歴史文化館
  • 住所 岩手県盛岡市内丸1-50
  • 営業時間 9:00~19:00
  • 電話番号 019-681-2100
  • URL もりおか歴史文化館 
  • Google map

盛岡城跡

この投稿をInstagramで見る

castle(@castle.091)がシェアした投稿

城自体は残っていませんが、石垣と堀は現存しています。城跡周辺は公園になっているので、歴史を感じながらのんびりと散歩するのがおすすめです。

頂上は盛岡市内が一望できる写真スポットでもあります。

INFORMATION
  • スポット名 盛岡城跡
  • 住所 岩手県盛岡市内丸1-37
  • 営業時間 24時間営業
  • 電話番号 019-639-9057
  • URL 盛岡城跡 
  • Google map

岩手・盛岡の歴史を感じる旅に出てみよう

今回は岩手や盛岡の地名の由来や現在の岩手県誕生の歴史を紹介しました。地名には、古くからの言い伝えや城建築の歴史が隠されています。

岩手県の成り立ちに興味が湧いた人は、自分の足で地元を歩き、目で見て確かめる歴史旅に出てみてはいかがでしょうか。

HiroyukiOka

投稿者の記事一覧

宮城県出身のフリーライター。言葉や文字が好きで毎月15冊以上の本を読む読書好きでもある。読書を楽しめるカフェや本に合うスイーツを探すのが最近の趣味。

関連記事

  1. 【山形県】全国的に有名な尾花沢スイカ、実は他にも山形県には旨いス…
  2. 【青森県】戊辰戦争と奥羽越列藩同盟、青森県内諸藩の事情と決断とは…
  3. 【山形県米沢市】秋まつりシーズン到来!収穫の秋は美味しいぞ!(予…
  4. 【山形県】新選組の生みの親、清河八郎|幕末の幕を開いた攘夷志士の…
  5. 八間岩 【宮城】磊々峡(らいらいきょう)は老若男女の素敵スポット!
  6. アンパンマンと子どもたち 仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール
  7. 【福島県いわき市】アンモナイトセンターで化石の発掘体験をしよう!…
  8. 海鮮丼 【宮城県塩竈市】マグロ水揚げ日本一の「塩釜水産物仲卸市場」!マイ…

ピックアップ

  1. 光のページェント
  2. むすび丸
  3. 千日餅

ランダムピックアップ

  1. 開山堂
  2. 毛越寺
  3. COFFEE STOUT
PAGE TOP