郷土料理

【山形県】ひょう?食材というけれど雑草との情報もアリ

過去に某TV番組で紹介され話題になったことがある食材に「ひょう」(方言)と呼ばれているものがあります。

「山形県民は雑草を食べる」などと驚かれていました。

確かに身近にあり、畑の邪魔者扱いされることもある「ひょう」ですが、なかなかの美味なのですよ。

どのようにして食べるのか、身近とは言うけれど本当はどうなの?

今回はその疑問にお答えしご紹介していきます。

ひょうの本名は?雑草って本当?

”ひょう”(スベリヒユ)の園芸種のポーチュラカはご存じの方も多いと思います。

そもそも”ひょう”とは山形県の方言名で正式名称は『スベリヒユ』なのです。

確かに日本では雑草扱い、畑の邪魔者とされていましたが、世界的にには古くから食用とされ、中国では漢方にも用いられています。

フランスなどではマーケットで『パースレイン』との名で他の野菜たちと同じように売られているそうです。

そんなスベリヒユを山形県内陸部では、畑の邪魔者としながらも食用として昔から食べられているとは、案外先進的なのかも……ですね。

「山形県民は雑草を食べる」などと言っていたら、諸外国からは笑われてしまうかもしれませんね。

畑の邪魔者扱いみたいだけれど…栄養価はあるの?

スベリヒユが中国では漢方に用いられる、ということは効能も優れているからなのでしょう。

スベリヒユに多く含まれている栄養素の代表格は、カリウムです。100gあたり500㎎近く含まれています。

カリウムはナトリウム(塩分)の排出を促すので、高血圧症などで塩分が気になる方にとって血圧を正常に保つ効果が期待できます。

ナトリウムビタミンCカルシウムも多く含まれています。

最近ではオメガ3脂肪酸が含まれていることで注目をされています。

スベリヒユは、栄養も豊富な身近な野菜と言ってもいいのではないでしょうか。

スベリヒユいつが旬なの?食べ方は?

この投稿をInstagramで見る

たか(@taccy0911)がシェアした投稿

スベリヒユは春から夏にかけてすごい勢いで増え、畑の持ち主を困らせることもあります。

栽培は特にされていないと思われますが「畑を耕ししばらく放置して次に行ってみたら一面ひょう(スベリヒユ)がはびこっていた」ということはよく聞きます。

その繁殖力から畑の邪魔者、雑草とと呼ばれてしまったのでしょう。

しかし、どうせ草むしりとして除去するのならば食べてしまおう、と考えた先人のおかげで今も地域に根付いた食文化になりました。

美味しく食べるには?

ポピュラーなのはゆでておひたしです。

辛子醤油でいただくのが定番になっています。おかずとしても、酒の肴にも好まれていますよ。

ぬめりがあり独特な歯ごたえはとても美味しくつい食べ過ぎてしまいそうになります。
シュウ酸も含まれていることから食べすぎには注意です。

なんでも食べすぎは禁物ですですよね。

山形県内でも雪の多い内陸部、特に置賜地方では畑の農作物の収穫前に食べることのできるひょう(スベリヒユ)を好んで食べていたようです。

スベリヒユがなぜ”ひょう”と呼ばれるようになったのは、ヒユがなまって”ひょう”となったという説が有力のようです。

スベリヒユを乾燥させた「ひょう干し」を『ひょっとして良いことがあるかも』と”ひょう”にかけて縁起物としてお正月に食べました。食べ方はゆでて戻してから煮物にすることが多いです。

雪国にとっては冬場野菜が貴重なので、ひょう(スベリヒユ)を干したものが冬の食材として重宝されていたのでしょう。

この投稿をInstagramで見る

森吉山ファーム(あきた野ワイナリー準備中&ガーデンファーム )(@moriyoshizan_farm)がシェアした投稿

ナムルなども大変美味しくいただけますよ。

生食には向きませんが、ゆでて和え物も良し、炒めて良し、煮物にしても良し、とバラエティー豊かな調理方法でいただける万能野菜と言ってもいいかもしれません。

まとめ

某TV番組に取り上げられたことで全国的に「山形県民は雑草を食べる」と紹介されて一躍有名になってしまった”ひょう”(スベリヒユ)ですが、諸外国では「パースレイン」と呼ばれマーケットで野菜として堂々と売られている事実を、県民も知らなかったことを知ることとなったのです。

山形県内でも特に置賜地方で古くから食べられていた草、畑などに勝手に生えている身近な”ひょう”(スベリヒユ)は雑草と言われていましたが、今や野菜としてスーパーマーケットでも見かけるようになりました。

栄養価も高く、冬の保存食にもなる”ひょう”(スベリヒユ)はこれから全国にも好まれ広がっていくかもしれませんね。

ikoke

投稿者の記事一覧

東京都出身ですが、山形県に居住して30年の時が過ぎました。今では方言も板につき地元民になりきっています。
近県の宮城、福島両県へはネタ収集と称して月2~3日ぐらい出没中。
猫と地酒と肴を愛してやまない中年層に属しています。(アイコンは愛猫です)

関連記事

  1. 秋保の新しい観光施設、秋保ヴィレッジの魅力を聞いてみた!
  2. 【山形県】さくらんぼを楽しもう!品種の違いや商品、消費レシピを紹…
  3. 【青森県】「陸奥湾のホタテ」を地元郷土料理で味わい尽くそう!
  4. ヨリ未知ポータル 仙台駅が観光駅に進歩中!?ヨリ未知SENDAIで仙台駅を楽しんじ…
  5. 【山形県】坐禅や写経が体験できるお寺5選!初心者にもおすすめ!
  6. 秋田の冬のシンボル「ハタハタ」
  7. はちみつ 【秋田県仙北市】「山のはちみつ屋」には世界中のはちみつが集まる!…
  8. 滑川渓谷 【山形県米沢】山奥の秘境「福島屋旅館」で滑川温泉を満喫!80mの…

ピックアップ

  1. ジョジョ展2017の様子
  2. むすび丸

ランダムピックアップ

  1. 桧原湖
  2. フロマージュ箱塚
  3. 入道岬
PAGE TOP