神社・仏閣

【福島県福島市】義経四天王「佐藤継信・忠信兄弟」とその一族の菩提寺「医王寺」

医王寺の山門

福島駅から飯坂温泉へ向かう途中、福島交通・飯坂線に乗ると「医王寺前」という駅で降りたところに源義経の四天王に数えられた佐藤継信、佐藤忠信とその一族が弔われている寺院があります。

福島交通飯坂線「医王寺前駅」
福島交通飯坂線「医王寺前駅」

瑠璃光山 医王寺

医王寺は福島飯坂温泉の程近く、福島市飯坂町にある真言宗の寺院で、寺の縁起に拠ると826年に弘法大師空海(こうぼうだいし くうかい)によって開山されたとされています。

奥州藤原氏の一門であり信夫の地(現在の福島市~伊達市)をおさめていた佐藤一族の菩提寺であり、奥州三十三観音特別霊場にもなっています。

医王寺(本堂)
医王寺(本堂)

山号は瑠璃光山、医王寺の「医王」とは薬師如来の別称で、本堂とは別に奥の院として「鯖野薬師堂(さばのやくしどう)」と呼ばれる薬師堂本尊があります。

医王寺(鯖野薬師堂)
医王寺(鯖野薬師堂)

ここには薬師堂を取り囲むように板碑群があり、これは信夫荘司一族の墓域といわれています。

佐藤継信・忠信兄弟の墓碑に加え、父である佐藤基冶と母である乙和の墓碑も存在し、乙和の墓碑のすぐ近くにある椿の古木は「乙和の椿」と呼ばれ、二人の息子を失った母の悲しみを表すように、開かずにつぼみのまま落ちてしまう花があるそうです。

佐藤兄弟の墓碑は現在は柵が設けられて保護されていますが、昔は二人の勇猛な武士にあやかり、墓石を削って飲むと病が治ると信じられており、削られた跡が存在します。

奥の細道の旅中に松尾芭蕉も立ち寄る

元禄2年(1689)には、松尾芭蕉も奥の細道の道中でこの地を訪れ、

「笈も太刀も五月(さつき)にかざれ紙幟(かみのぼり)」と句を詠んでいます。

医王寺(芭蕉の句碑)
医王寺(芭蕉の句碑)

芭蕉は奥の細道の旅中で計4回涙を流したといわれていますが、その一つがこの医王寺で、佐藤兄弟を戦で失った母と二人の妻の悲話を聞いたときと言われています。


義経四天王「佐藤兄弟」と代々信夫の地を治めた佐藤一族

医王寺(義経と佐藤兄弟の像)
医王寺(義経と佐藤兄弟の像)

佐藤一族は、大化の改新で活躍した藤原鎌足(ふじわらのかまたり)の子孫である藤原秀郷(ふじわらのひでさと)の次男・藤原千常(ふじわらのちづね)を始祖とする一族とされ、信夫の地(現在の福島市~伊達市)を治めていたことから信夫佐藤氏と呼ばれます。

昭和の内閣総理大臣・佐藤栄作も信夫佐藤氏の流れをくむ人物といわれています。

義経四天王として活躍した佐藤継信・忠信兄弟

治承4年(1180年)、わずかな家来たちと共に平泉に逃れてきた源頼朝の弟・源義経を奥州藤原氏・藤原秀衡(ふじわらのひでひら)は庇護し、さらに秀衡は平泉藤原氏の親戚である佐藤継信・佐藤忠信の兄弟を義経の「補佐役」として随行させました。

佐藤忠信(歌川国芳画)
佐藤忠信(歌川国芳画) 出店:Wikipedia

佐藤兄弟は源義経を補佐して源平合戦で大いに活躍し、軍記物語「平家物語」の異本のひとつ「源平盛衰記」の中で「義経四天王」に数えられています。

芭蕉が涙した母と二人の妻の悲話

活躍を続ける佐藤兄弟でしたが、1185年、屋島の戦いにて兄継信が義経を庇い矢を受けて戦死。弟の忠信も1186年、京都に潜伏していたところを襲撃され、奮戦するも数の力に敵わず自害して果てます。

屋島での継信最後(楊洲周延画)
屋島での継信の最後(楊洲周延画) 出展:Wikipedia

信夫の地を再び見ることはできなかった佐藤兄弟。そして息子二人の死を知った母、乙和(おとわ)御前は嘆き悲しみます。

その様子を見た継信の妻「若桜」忠信の妻「楓」は、自身の悲しみをこらえ、それぞれの夫の甲冑を着て武者姿となり、乙和の前に現れ「継信・忠信ただいま凱旋しました」と言い、乙和を元気づけたといわれています。

この話を知った松尾芭蕉は「よくもけなげな名声が世に知れわたったものだ」と感動し涙したそうです。医王寺の本堂内にはこの時の武者姿の「若桜」と「楓」の人形がまつられています。

まとめ

医王寺はその歴史もさることながら、管理・手入れが行き届いている非常に美しい寺院で、飯坂温泉を訪れる機会があったら是非一緒に訪れてほしい場所の一つです。

この他にも境内には瑠璃光殿(るりこうでん)と呼ばれる宝物殿があり、佐藤継信・忠信兄弟や武蔵坊弁慶にまつわる県の重要文化財や市指定有形文化財などの宝物を見ることもできます。

特に全国の佐藤さんにとっては、もしかしたら自分のルーツになる場所かもしれませんよ!

医王寺<Information>

  • 名  称:瑠璃光山 医王寺
  • 住  所:〒960-0231 福島県福島市飯坂町平野寺前45
  • 電話番号:024-542-3797
  • 公式URL:https://www.iou-ji.or.jp/

Google Map


NEFT(ネフト)編集部

投稿者の記事一覧

NEFT(ネフト)編集部です。
編集部直接執筆の記事や、匿名ライターさんの記事はこちらで公開しています。

関連記事

  1. 【山形県】蔵王温泉スキー場で自然の芸術作品「スノーモンスター」を…
  2. なまはげ 【秋田県横手市】「秋田ふるさと村」は秋田の歴史を学べて一日中遊べ…
  3. 【山形県米沢市】米沢藩上杉家ゆかりの温泉を訪ねて
  4. 【山形】佐藤錦に、紅さやか…。山形で楽しみたいさくらんぼ狩り事情…
  5. 安達太良山に、鶴ヶ城!福島県には紅葉のみどころがたくさん!
  6. 【福島県須賀川】「ムシテックワールド」は昆虫から科学まで広く学べ…
  7. 【福島県猪苗代町】火山が造った迫力ある大地と大小の湖沼が織りなす…
  8. 【秋田県美郷町】120ヶ所もの湧き水が人々の生活を潤してきた「六…

ピックアップ

  1. 為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり
  2. 観世寺(鬼婆の住んでいた岩屋)

ランダムピックアップ

  1. (C)感覚ミュージアム
  2. 油麩丼
  3. むすび丸
PAGE TOP