いくら涼しい東北でも、やっぱり夏は暑いもの。旅行であちこちを回っていると、冷たい食べ物が食べたくなりますよね。
山形県には麦切りや冷ったい肉そば、冷やしラーメンなど、冷たい麺類を扱うお店が多いことで知られています。ぜひ人気のお店に行ってみましょう。

 

麦切り


山形県鶴岡市郊外にある大山エリアで古くから愛されているご当地麺「麦切り」。
小麦を練って包丁で細く切って作られる面は、素朴な味わいが魅力です。
鶴岡市には麦切りを扱う食事処がいくつかありますが、それぞれ小麦にこだわっていたり、ツユに自信があったりとお店によってポイントが違うみたい。

麦切りの人気店「寝覚屋半兵工」

A post shared by りんりん (@rinrin104) on


創業以来140年もの歴史を誇る「寝覚屋半兵工」。地元産の醤油をベースにしたまろやかなツユが特徴的で、「寝ている人も目を覚ますほどおいしい」と言われています。
飴色の麺は、独自の小麦の配合によるもので、絶妙なコシとうまみを楽しめるでしょう。

INFORMATION

名称 寝覚屋半兵工
住所 〒997-1125 山形県鶴岡市 馬町字枇杷川原74
電話番号 0235-33-2257
URL
GOOGLE MAP

 

冷ったい肉そば

A post shared by michihiro takuwa (@m.takuwa) on


大正時代に始まった、歴史ある冷やし麺「冷ったい肉そば」。大正時代は馬肉を使用していましたが、現在はほとんどのお店で鶏肉が使われています。
冷たく、夏でも食べやすい一方で、スタミナをチャージできるでしょう。
河北町に15軒ほどのお店があるので、気になるところに行ってみるといいですね。

冷ったい肉そばの人気店「一寸亭 本店」


冷ったい肉そばの名店として。知名度が高い「一寸亭 本店」。看板メニューの肉そばは680円でオーダーできます。親鶏のコクが効いたスープと太めのそばの相性は抜群。
ちょっと脂が浮いたスープは香ばしく、醤油ダレと鶏肉のうまみが見事に調和しています。

INFORMATION

名称 一寸亭 本店
住所 〒999-3513 山形県西村山郡河北町谷地所岡2丁目11−2
電話番号 0237-72-3733
URL http://www.yachisoba.com/
GOOGLE MAP

 

冷やしラーメン


1952年に、山形市にある食事処「栄屋本店」が、お客様のリクエストに応えて始めたのが「冷やしラーメン」。
60年以上が経過した現在も、作り続けています。冷えてもうまみがきちんと残るように計算して作られたスープは絶品です。
野菜や肉などトッピングも豊富で、一杯で十分に栄養を摂れるでしょう。

冷やしラーメンの名店「栄屋」

A post shared by Yuji Murayama (@yujimurayama) on


冷やしラーメンの名店と言えば、やっぱり「栄屋」。冷やしラーメンを食べるときには、ぜひ立ち寄ってみましょう。
山形市本町にある補てん店には10種類以上の冷やしメニューが揃っていますよ。定番の冷やしラーメンは750円でオーダーできます。
北山形駅前には分店があり、こちらはワンタンが入った「冷やしワンタンメン」が人気。のどごしのよいワンタンは、食欲のない夏でもつるりと食べられるはず。こちらは850円です。

INFORMATION

名称 栄屋本店
住所 〒990-0043 山形県山形市本町2丁目2−3−21
電話番号 023-623-0766
URL http://www.sakaeya-honten.com/
GOOGLE MAP

 

まとめ

暑いと食欲も失せがちですが、冷たい麺ならば食べやすいうえに、簡単にエネルギーをチャージできるでしょう。老舗の名店から、最近できたお店までさまざまなので、気分に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。