※イメージ

博物館というと、ちょっとお硬いイメージを持っている方もいるかもしれません。しかし、東京にはちょっと変わった展示が楽しめる博物館が数多くあるんです!今回はそんな博物館を紹介していきますよ。

 

お札と切手の博物館(北区)


最初にご紹介するのは、北区にある「お札と切手の博物館」。私たちの日常生活に欠かすことのできないお札ですが、それを主なテーマとして取り扱っている博物館は珍しいのではないでしょうか?もちろん、日本の紙幣だけでなく、世界中の紙幣を紹介・展示しています。布で作られた紙幣、金箔で作られた紙幣、ハイパーインフレ時に発行された高額紙幣など、さまざまな紙幣があり、コレクターでなくても十分楽しむことができるでしょう。また、紙幣以外にも切手、旅券、諸証券なども幅広く展示しています。

INFORMATION

名称 お札と切手の博物館
住所 〒114-0002 東京都北区王子1丁目6−1
電話番号 03-5390-5194
URL http://www.npb.go.jp/ja/museum/
GOOGLE MAP

 

野球殿堂博物館(文京区)

A post shared by @babu13 on


スポーツに興味があるという方におすすめしたいのが、文京区にある野球殿堂博物館。こちらの博物館では、野球に関する様々な展示が行われています。常設展示には、プロ野球12球団の主力選手が使った野球道具が展示されているほか、アマチュア野球に関する展示も行われています。また、こちらの博物館の魅力は展示物だけではありません。「イベントホール・野球の科学」コーナーでは、映像を使ってプロの投手との対戦を体験できる”バッターボックス体験コーナー”が用意されているほか、プロ野球の公式記録を検索できる機会が設置されています。なんとなく野球に興味が持ち始めた方はもちろん、野球マニアという人にとっても満足してもらえること間違いありません。ちなみに、読売ジャイアンツのホーム球場である東京ドームから徒歩圏内に博物館があるので、野球観戦のついでに気軽に立ち寄ることができますよ。

INFORMATION

名称 野球殿堂博物館
住所 〒112-0004 東京都文京区後楽1丁目3−61
電話番号 03-3811-3600
URL http://www.baseball-museum.or.jp/
GOOGLE MAP

 

まだある!東京のちょっと変わった博物館

A post shared by Yuki (@y.u.k.i_u) on


もちろん、東京にある変わった博物館はこれだけではありません。世界中の家具を展示する「家具の博物館」、花火について様々な展示を行う「両国花火資料館」、製薬会社の第一三共が運営する「くすりミュージアム」など、列挙しきれないほどの博物館が東京にあります。王道の観光スポットには飽きてしまったという人は、一風変わった博物館に足を運んでみてはいかがですか?

今回は東京にあるちょっと変わった博物館について紹介しました。どの博物館も個性があって、時間の許す限り展示物を楽しみたいですね。東京の新しい観光スポットとして注目していきましょう。