日新館 天文台跡

会津藩校「日新館」は、1803年に開校されました。会津若松城の隣に建てられています。

藩校のなかでも特に規模が大きいのが、この日新館です。「ならぬことはならぬものです」など、会津の人材育成の指針を教えていました。

戊辰戦争の折に消失しました。しかし、1987年に会津若松市の外れにある河東町に復元されました。今でも、その大きな学校と勉強する子どもたちの様子が忠実に再現されていて、見学できます。

プールなど、あますところなく復元されているのが特徴です。武士の教育がどんなものだったのか、肌で感じることができます。

 

会津藩の活躍は日新館あってこそ

会津藩士、敗軍という立場ですが、特に教育の分野で数多くの功績を挙げています。テレビドラマ「八重の桜」で有名な会津の八重も、現同志社女子大学を開校するなど成果を出しています。

こういったたくさんの今の世にも残る結果を出して来れたのは、質の高い会津の教育あってこそだと考えられています。

江戸時代には、各藩に藩校が据えられていました。会津のそれが、日新館です。立派な藩士になるための教育が実施されていました。しかし武士だけではなくて、農民や商人の家の子など、広く門戸が開かれていました。藩の子は10歳になると日新館に入る決まりになっていたのです。

のちの白虎隊が学んだ場所

日本でもトップクラスの実力を誇りました。白虎隊もここで学びました。
儒教や、弓・剣・槍・馬といった武術が、必修科目として設置されていました。選択科目も置かれていて、こちらは父親の仕事に応じて選んでいました。

特に儒教の素読で優秀な成績を収めると、やがて江戸に遊学できる道が拓けました。

復元された日新館

日新館南門を入ると、すぐに映写室があります。ここの映像を観ると、日新館が一体どんな場所なのか、すぐに知ることができます。

スマホ・タブレットで聴ける音声ガイドも用意されています。

さらに奥には、大きな門があります。昔は、門の左室に太鼓が置かれていて、今でいうチャイム代わりに利用していたようです。

東京ドーム半個分の敷地に大成殿、大学、資料室が並ぶ

門を抜けると、日新館の全体が一望できます。正面の建物が大成殿です。右にあるのが大学で、左には資料館があります。順路どおりに進んで行くと、子どもたちが勉強していた素読所に入ります。

白虎隊の人形が置かれていて、勉強をしているときや休憩中に腕相撲をしている様子が再現されています。大学や大成殿、資料館と全て見て回ることができます。係の人がついて説明してくれます。なので前知識がなくても楽しめます。

大成殿は中国っぽい雰囲気のある建物で、なかには儒学の資料などが置かれています。資料館には、有名な新島八重さんの等身大パネルが設置されています。

絵付などの体験コーナーがある

中に入って時間が経つにつれ、江戸時代にタイムスリップしたような気分にさせられます。そんな気分のなかで、弓道体験(1回300円 矢5本)や絵付体験(赤べこ:870円 起き上がり小法師:730円)、茶道体験(540円)や坐禅体験(500円)などが可能です。

それぞれの体験の様子が、動画で日新館のHPに載っています(日新館 http://www.nisshinkan.jp/experiencing#zazen)。

 

絵付けコンテストが開かれています。賞をもらうと、日新館の公式HPや後援している福島民友新聞の紙面に写真が掲載されます。2018年のゴールデンウィークに開かれたコンテストの大賞などがHPにアップされています(日新館 http://www.nisshinkan.jp/news/10025.html

日本初のプール

水練水馬池(今でいう学校のプール。周囲153m)も見所の1つです。ここは、日本で初めてのプールということで知られています。

水練というだけあって、今の学校の体育でプールをするような生易しいものではありません。当時は、甲冑を着たまま泳ぎの訓練をしていたそうです。洋服を着たまま泳ぐのも相当にしんどいのに、甲冑を着たまま、というのは想像を絶するきつさだったはずです。

向井流という独特の泳法を学んでいたそうです。ときには馬に乗って池を移動することもありました。さらに、食事をしながら渡る、なんてことも。書道をしながら泳ぐこともあったそうです。

乃木坂46の「逃げ水」のmvは日新館が舞台になっています。雰囲気や中の様子までよく分かるのでおすすめです↓

 

 

他にも天文台、弓道場など見所は満載です。

日新館は実力主義の学校

進級は実力主義で行われました。家柄や年齢は関係ありませんでした。文武両道を重んじていたので、勉学、武芸ともに優れ、日々努力する人が上がっていきました。

そういった実力主義の学校だったので、弟が兄を追い抜いてしまう、ということも普通にありました。名家の子どもは、特に日新館での成績が重視されていて、もしも卒業できない事態になったら、家を継ぐことが認められませんでした。

素読所において、15歳で一等を獲得した人は、今でいう国立大学を卒業できる程度の学力を有していたといいます。この一等は、500石以上の家の長男が獲らなければならない最低条件でした。

このように、厳しい体制が敷かれていた日新館でありましたから、当時、全国に250もある藩校のなかで一際名声を轟かせていました。今でいう東大への進学率が一番良かったそうです。

日新館での生活とは

実際に日新館に通っていた藩士の子どもたちは、どのような生活をしていたのでしょうか。朝は、集団登校です。今の登校班のような感じです。

授業時間は、時間割とかではなくて、日が昇ってから沈むまでです。夏は授業時間が長くなって、冬は短くなるわけです。全校生徒数は、1000人程度でした。

儒学を中心に勉強して、まずは素読所に入ります。素読所には等級があって、4級~1級までです。

 家によって獲らなければならない等級が違った

前述したように、実力主義の学校でしたから、等級を得るのに歳は関係ありません。18歳で1級修了が、可もなく不可もなく、といった感じです。

なかには14歳で1級を獲る生徒もいて、これは非常に優秀な部類です。高嶺秀夫、南摩綱紀といった明治時代の偉人は、「神の子」と呼ばれるくらい、この素読所で高い評価を得ていたました。

家によって、修了しなければならない等級に違いがありました。500石に満たない家の長男は二級が必要で、500石を越えてくると一級が義務でした。

もしも必要な等級を終了できない場合には、ずっと勉強をし続けなければなりませんでした。35歳まで勉強をすることが認められていました。

授業中でも喧嘩上等!負けることは許されぬ

授業は、とても騒々しかったそうです。テレビドラマなどで藩士の学校シーンが流れると、みな静かに黙々と勉学に励んでいるイメージがあります。

しかし、実際にはそうではなくて、授業中に大喧嘩が始まることもあったそうです。今では教師や周りの人が止めますが、やはりそこは武士の世界。喧嘩上等で、親も教師もやりたいだけやれば良い、という姿勢でした。

もし喧嘩に負けて家に帰ろうものなら、逆に親に怒られてしまいます。だから喧嘩も本気そのものでした。

日新館についてまとめ

日新館は、会津出身の偉人が漏れなく通っていた藩校です。会津の著名人といえば、やはり今でもドラマなどで扱われることが多い八重が有名です。

八重の兄の覚馬や、最初の夫の川崎尚之助は、日新館の教授をしていました。八重の隣の家に住んで、のちに白虎隊に加わることになる伊東悌次郎が、日新館で学んでいました。八重は悌次郎を弟のように可愛がっていたといいます。

八重は、「悌次郎は鉄砲を撃つとき、いつも目を瞑ってしまう。だから臆病者と叱っていた」と語ったことも。

元気に学校に通っていた白虎隊の様子が、日新館では鮮やかに感じることができます。のちに飯盛山で集団自決することになるとは、思ってもいなかったでしょう。

在りし日の子どもたちの溌剌とした姿を思い描きながら日新館を廻ると、哀愁や切なさなど様々な感情が去来して、厳かな時間の波に誘われます。

INFORMATION

名称 日新館
所在地 福島県会津若松市河東町南高野字高塚山10
電話番号 0242-75-2525
公式URL http://www.nisshinkan.jp/
GOOGLE MAP