秋田を代表する冬のスポットに、「たざわ湖スキー場」があります。その名の通り、田沢湖を一望できるゲレンデで、駒ケ岳の斜面に広がっています。

ちゃんと上級者~初心者までのコースが分かれているので、誰でも気軽に安全に楽しめるのが魅力です。子どもも安心して遊べるように設計されているので、家族連れで訪れる人も多いです。

今回は、この自然豊かな駒ケ岳に抱かれた絶景のスキー場について紹介していきます。

車は「かもしか」に停めるのがおすすめ

たざわ湖スキー場には、「かもしか」と「ぎんれい」の2つのゲレンデがあります。それぞれに駐車場が用意されていますが、おすすめは「かもしか」のほうです。

麓から行く場合、最初に「ぎんれい」があります。そのため混雑しやすいです。もう少し走って「かもしか」まで行ったほうが、駐車場が空いていて、ゲレンデまでの歩く距離も短くて済みます。

子どもが安全に楽しめるスキー場

ちびっこ専用ゲレンデ

スキーセンター「レラ」のすぐそばには、ちびっ子用の小さなゲレンデが用意されています。ここは、ソリ専用で遊べる場所です。

大人がすごいスピードで滑っている場所で、小さな子どもを遊ばせるのは怖い、と感じる親は多いです。しかし、ここであれば、ソリに乗った小さな子どもしかいないので、安心して遊ばせられます。

一緒にソリに乗って雪遊び

レラでレンタルできるソリは割と長めなので、子どもと一緒に余裕を持ってソリにまたがれます。一緒に乗ってもらえると、子どもはテンションが上がります。

ぜひ一緒に乗って子どもとソリ遊びを楽しみましょう。子どもは、楽しいことを見つけると、延々と何度もやりたがる傾向があります。

日頃、運動不足な大人にはもってこいです。小さなゲレンデといっても、上ったり滑ったりを繰り返していると、相当なカロリーを消費します。

小さな子どもにいきなりスキーやスノーボードをやらせるのは、やはりハードルが高いです。まずは手軽なソリで雪に慣れさせて、それからステップアップさせていくのがおすすめです。

キッズルーム

スキーセンター1Fには、キッズルームも用意されています。まだスキーは難しい年齢の子どもがいる家族も、ここを利用すれば子どもを預けておけるので安心です。

手ぶらで行っても大丈夫

東京から新幹線でアクセス

たざわ湖スキー場は、手ぶらで行けるのが魅力です。秋田新幹線こまちに乗れば、東京から約3時間で最寄の田沢湖駅に到着します。

田沢湖駅からは、赤と白のコントラストが美しい「羽後交通バス」で向かいます。30分ほどで「たざわ湖スキー場」に着きます。

遠出のピクニック気分で行けるのが魅力です。それこそ、スキー板はもちろんのこと、ウェアも手袋も帽子もいりません。

スキー板からウエアまでレンタル可能

フルセットでレンタル可能です。スキーセンター1Fにレンタルできる場所があります。

ここは、世界的に有名なスキーブランドである「FISCHER」がマネジメントしています。そのため、お洒落な空間で質の高いスキー用品を借りられます。

フルセットのレンタルが、大人1日7000円、子ども1日4200円でできます。

もちろん子ども用も豊富な品揃え

子ども用の板のサイズも多く揃っています。子どもは大人に比べて力が弱いために、スキー板は身長-10cmを選ぶのが基本です。

たとえば、身長が110cmなら、100cmのスキー板が合っています。スノーボードの場合は、身長-20cmが良いです。つまり、110cmの子どもなら、90cmのスノーボードが目安です。

サイズ以外にも、種類が多くてどれを選べば良いのか分からない、といった場合には、スタッフに相談するようにしましょう。専門の知識で親切に教えてもらえます。

基礎から学べるスキー教室を実施

たざわ湖スキー場では、田沢湖スキー学校といって、大人や子どもが利用できるレッスンが用意されています。特になんとなく滑っていた大人や、これから始める小学生くらいの子どもには、基礎からしっかり学べるのでおすすめです。

半日コース(2時間)が気軽で人気です。大人は4000円、小学生は4500円です。

たざわ湖スキー場のルーツ

歴史は長く、1969年に開かれました。これまで国体や全日本スキー選手権が開催されたり、モーグルW杯が2015年から毎年開かれているなど、日本を代表するスキー場です。

度々にわたって設備を改修してきました。そのため、歴史に比して古さは感じず、むしろモダンな雰囲気になっています。

2017年にスキーセンターがリニューアル

とりわけ2017年の12月15日から、スキーセンター「レラ」がリニューアルされて、パワーアップしています。

女性専用のパウダールームとロッカールームが併設されて、女性に優しい設計になりました。

さらにかねてより人気があった2階のレストラン「しらかば」は、秋田杉が随所に使われて天井も高く、非常にお洒落になっています。床はクールな絨毯になっていて、滑りにくくする配慮もなされています。

「しらかば」で温かいご飯を満喫

レストラン「しらかば」では、「たざわ湖あんかけラーメン」や「焼き鳥丼」、「オムライス」が人気を集めています。他に焼きチーズカレーも冷えた体を温めてくれる、と評判です。

田沢湖のご当地ビール「田沢湖ビール」や「湖畔の杜ビール」を楽しむ人も多いです。車で来ていない人はぜひ堪能しましょう。

水沢温泉郷で心も体もほっこり

スキー場直下には、有名な水沢温泉郷が広がっています。温泉郷に一歩足を踏み入れると、にわかに硫黄臭が漂ってきます。そこかしこから噴煙が立ち上っています。

ここにはたくさんのホテルや旅館がありますが、なかでも駒ケ岳温泉はシンボリックな存在でおすすめです。川沿いの露天風呂で、乳白色の硫黄温泉を満喫できます。療養にも効果が高いと評価されています。

INFORMATION

名称 駒ケ岳温泉
所在地 秋田県仙北市田沢湖生保内下高野80-68
電話番号 0187-46-2688
公式URL http://www.komagatake.com/
GOOGLE MAP

たざわ湖スキー場についてまとめ

今回は、秋田の代表的なパノラミックな「たざわ湖スキー場」を紹介してきました。どのゲレンデからも田沢湖を見下ろすことができ、美しい景色を楽しみながらスキーを楽しめます。

併設されているスキーセンターでは、快適な時間を過ごせます。話題の「ゲレ食(ゲレンデ食事)」の魅力を存分に味わえます。

スキーを満喫した後は、ぜひ水沢温泉郷に立ち寄ってみましょう。目に美しい自然から湧き出た豊かな源泉が、冷え切った体を芯からぽかぽかにしてくれます。

※2018年は12月21日からスキー場が開かれます。

INFORMATION

名称 たざわ湖スキー場
所在地 秋田県仙北市田沢湖生保内下高野73−2
電話番号 0187-46-2011
公式URL http://www.tazawako-ski.com/
GOOGLE MAP