コーヒー

【山形県山形市】伝統の山形鋳物は観光にもおすすめ!魅力や見学スポットも紹介!

山形県の伝統的な産業である「山形鋳物」をご存知でしょうか?古くから脈々と受け継がれた技術でつくられる鋳物は、非常に魅力的で見ているだけで惹きつけられるものがあります。

今回はそんな山形鋳物について魅力や歴史、観光にもおすすめのスポットを紹介していきます。

山形鋳物とは?魅力と特徴を紹介!

まずは山形鋳物とはどのようなものなのか、わかりやすく説明していきます。

山形鋳物とは?魅力と特徴を紹介!

山形鋳物
© Yamagata Prefectural Government

山形鋳物(やまがたいもの)とは、山形県山形市を中心として作られてきた伝統工芸品で、約900年の歴史があります。もともとは仏像・日用品・金具などを製造するための技術でしたが、近年では機械用鋳物と工芸用鋳物に分けられ、一般向けの品は茶の湯釜や急須が有名です。

山形鋳物の特徴は「重厚感・薄さ・美しさ」が共存している点に表れています。繊細な加工が可能なため、鋳物特有の風合いは残したまま箸置きやコップといった小物も製造ができます。

山形鋳物の歴史

山形鋳物が山形市で栄えたのは、平安時代後期に山形市内を流れる馬見ヶ崎川の砂と千歳公園付近の土質が鋳物に適していると気づいたためといわれています。さらに江戸時代に入り、城下町の再編とともに鋳物職人を育成する場である「鍛治町」と「銅町」が作られます。

出羽三山参りの門前町であった銅町は多くの参拝客であふれ、鋳物で作られた日用品や仏像が土産品として人気になったことで全国に広まったことが現在まで山形鋳物が残っているきっかけです。

山形鋳物のおすすめ見学スポット4選

ここからは山形鋳物を実際に見たり触ったりして体験できるおすすめのスポットを4ヵ所紹介していきます。

山形市産業歴史資料館

山形市産業歴史資料館

山形市産業歴史資料館は山形市の伝統工芸品や産業の歴史資料を多数展示している場所です。山形鋳物の茶釜や鉄瓶、かつて鋳物製造に使用されていた道具などを見ることができます。

また、毎年秋には山形鋳物を茶釜を使った「お茶会」と間近で鋳物の製造工程を見られる「工場見学」も実施しています。入館料は無料なので、気軽に立ち寄れる点も魅力です。

 

INFORMATION
  • 施設名 山形市産業歴史資料館
  • 住所 山形県山形市鋳物町10番地
  • 開館時間 8:30~17:00
  • 電話番号 023-643-6031
  • URL 山形市産業歴史資料館 
  • Google map

 

山形市香澄町の街並み

山形駅のすぐそばにある香澄町では、「歴史と文化の香りのする街・潤いとやすらぎのある街」のイメージに合わせて案内板・銅像・街路灯に山形鋳物が使用されています。知らなければ見逃してしまうので、隠れた見学スポットです。

実際に手で触れて鋳物の質感を体験することもできるので、観光のついでに街並みを歩いてみるのもいいでしょう。

菊地保寿堂

菊地保寿堂は1604年創業の老舗山形鋳物工房です。日本伝統工芸展最高賞受賞や日本芸術文化財団褒賞受賞など数々の受賞歴があり、特に伝統茶器である「和銑釜」「鉄瓶」は世界からも認められています。

1つ1つ職人による手づくりのため、生産数は少ないものの精巧な作りである点も魅力です。また現代の道具として、おしゃれな「和鉄ポット」やお米がおいしく炊ける「和鉄釜鍋」も販売されています。

 

INFORMATION
  • 店舗名 菊地保寿堂
  • 住所 山形県山形市銅町2丁目23−6
  • 営業時間 9:00~17:00
  • 電話番号 023-622-2082
  • URL 菊地保寿堂
  • Google map

 

天童荘ガーデンカフェ

天童荘ガーデン
©︎Tendoso

天童荘ガーデンカフェは天童温泉街にある山形鋳物で淹れたコーヒーを楽しめるお店。おすすめメニューの「鉄瓶コーヒー」は、2杯分のコーヒーが菊地保寿堂と世界的デザイナーの奥山清行氏のコラボ作品である山形鋳物製鉄瓶に入っています。

11:00~14:00がランチタイム、14:00~16:00がカフェタイムと分けられているため、鉄瓶コーヒーを注文したい人はカフェタイムに行くのがおすすめです。

INFORMATION
  • 店舗名 天童荘ガーデンカフェ
  • 住所 山形県天童市鎌田2-2-18
  • 営業時間 10:00~17:00 20:30~23:00
  • 電話番号 023-616-5670
  • URL 天童荘ガーデンカフェ
  • Google map

 

「山形鋳物」から山形市の伝統工芸の魅力を感じてみて

今回は山形市の伝統工芸品「山形鋳物」について魅力や歴史、観光にもおすすめのスポットを紹介してきました。山形鋳物は重厚感と繊細さが素晴らしく、見るだけも楽しめます。気軽に足を運べる場所もあるので、ぜひ一度体験してみてください。

【ふるさと納税】山形鋳物 急須 古風 F2Y-1209

価格:37,000円
(2022/10/13 15:32時点)

【ふるさと納税】山形鋳物 急須 分福 F2Y-1297

価格:85,000円
(2022/10/13 15:32時点)

【ふるさと納税】FY22-366 山形鋳物のグリルパンで焼く最高に美味しい山形牛味覚体験セット(5〜6人前)

価格:103,000円
(2022/10/13 15:32時点)

HiroyukiOka

投稿者の記事一覧

宮城県出身のフリーライター。言葉や文字が好きで毎月15冊以上の本を読む読書好きでもある。読書を楽しめるカフェや本に合うスイーツを探すのが最近の趣味。

関連記事

  1. 【山形】絵姿女房とは?あらすじから山形県に伝わる絵姿女房の特徴ま…
  2. こども美術館 「青森県立美術館」は青森一のアートスポット!奈良美智の「あおもり…
  3. 【秋田県】あくらビールとは?秋田の小さな醸造所から生まれる実力派…
  4. 秋田駅から徒歩5分の名所!史跡公園《千秋公園》
  5. 【山形県】新選組の生みの親、清河八郎|幕末の幕を開いた攘夷志士の…
  6. 【宮城県仙台市】仙台駅周辺で楽しめる韓国料理屋5選!!
  7. 【福島県】自然のご馳走「あんぽ柿」肉厚で濃厚な甘味をご賞味あれ!…
  8. 【岩手県花巻市】深さ1.4m!日本一の立ち湯。ノスタルジックな木…

ピックアップ

  1. 山寺
  2. 千日餅

ランダムピックアップ

  1. カフェ
  2. 設定資料
  3. 女川駅
PAGE TOP