秘密の花園

実は、福島の羽鳥高原には、「イギリス」があります。建物から調度品まで、あらゆる点でこだわられたイギリスがそこにはあります。イギリスって言ったって、どうせ大したことないんでしょ、という声が聞こえてきそうです。

しかし、実際に行ってみたらわかります。思っていた以上の再現度で、イギリスの中世をリアルに表現した見事な施設が揃っています。

そこで今回は、パスポートのいらないイギリスという異名を持つ、福島のブリティッシュヒルズを紹介していきます。

 

ブリティッシュヒルズのルーツ

福島県南部には、白河布引山から横たわる羽鳥湖高原があります。ここら辺一帯は、スキーゲレンデやゴルフ場などの広々としたレジャースポットや、別荘地が備えられています。

そのエリアの中心的存在となっているのが、ここブリティッシュヒルズです。

1994年、神田語学大学の運営元でもある学校法人左野学園によって設立されました。7万3000坪という大きな敷地が特徴です。

中世イギリスを見事に再現!ドラマのロケ地としても有名

荘園領主の館(マナーハウス)を始めとして、ゲストハウスやパブ、ティールームが存在しています。中世イギリスの町並みが忠実に作られていて、宿泊から語学学習まで可能です。

日本ではお目にかかれない光景だということで、よくドラマの撮影にも利用されています。有名どころでは、「花より男子」や「メイちゃんの執事」で使われました。

 

ゲストハウスに泊まってイギリス気分を味わおう

ブリティッシュヒルズには9つの宿泊施設であるゲストハウスがあります。1つ1つ建築様式が違います。ニュートンやヘンリⅡなど、イギリスの歴史的に有名な人物の名前が、棟に冠されています。

とても豪華なフルコースのディナーが提供されるレストランで、至福の時を味わうことができます。

1泊ディナー付きのスタンダードルームで、1人21,500円が相場です。ラグジュアリースイートという特別な部屋になると、1人37,000円ほどになってきます。

宿泊予約は公式HP(http://www.british-hills.co.jp/stay/)から可能です。

全てが英語で語学研修にうってつけ

学習施設としての側面も持っています。ヒルズ内では、全て英語で会話がなされます。通貨はブリティッシュヒルズポンドが採用されています。

ゲストハウスでのチェックインからレストランでのオーダー、パブでのトークまで、全てが英語です。そして広がる景色は中世のイギリスそのもの。滞在型学習をしたい人にはうってつけの環境が整っています。

もちろん、学習目的でない人には、英語だけという環境はストレスになることがあります。そういった場合には、希望すれば日本語で対応してもらえます。

ブリティッシュヒルズについてまとめ

福島のイギリスを紹介してきました。当初、ブリティッシュヒルズは語学の研修施設としてのみ利用されるはずでした。

しかし、語学はその国の文化を学ぶことだ、という理念の下、イギリスの町並みが忠実に再現されるに到りました。建築様式は中世英国で使用されたものと同じです。

調度品などインテリアや建築資材は、全て本国イギリスから取り寄せています。まさにリアルなイギリスを体験してみたい人におすすめのスポットです。

四季折々で、違った魅力が楽しめるのも良いところです。

INFORMATION

名称 ブリティッシュヒルズ
所在地 福島県岩瀬郡天栄村田良尾芝草1−8
電話番号 0248-85-1313
公式URL http://www.british-hills.co.jp/
GOOGLE MAP