※イメージ

女の子なら誰でも一度は遊んだことがあるのが、着せ替え人形です。そして着せ替え人形のなかでも特に人気で、誰でも知っているのが、「リカちゃん」です。そんなリカちゃん人形の本拠地とも言える場所が、福島県小野町にあります。その名も「リカちゃんキャッスル」です。今回は、このリカちゃんキャッスルを紹介していきます。

リカちゃんキャッスルへのアクセス

A post shared by イワキ (@iwaki7897) on


車だと磐越自動車道・小野ICを下りて約5分で到着します。福島市内からだと1時間程度です。山間のなかで周辺の町並みとは一線を画すお城です。青い屋根のメルヘンなお城で、近づいてくるほどにテンションが上がってきます。駐車場は無料です。停まっている車のナンバーを見てみると、まさに全国から集まっていることが分かります。

リカちゃんキャッスルにはミュージアムやファクトリーが入っている

A post shared by ASAKO (@sailor_asamoon) on


「Licca Castle」と書かれたゲートを通っていきます。リカちゃんキャッスルは、1993年にオープンしていて、意外と長い歴史を持っています。過去にリリースされたリカちゃん人形などが展示されたミュージアムと、製造過程の見学が可能なファクトリーを備えています。

屋外に受付があります。ここで入場券(高校生以上800円、2歳以上~中学生600円)を購入します。入場すると、右手にはアップルガーデン、左手にはカフェ、正面にミュージアムなどが入るお城が聳えています。

等身大リカちゃん人形がお出迎え


いざお城に入ると、床に「Welcome!Licca Castle!」と書かれたカーペットが目に入ってきます。正面には、等身大のリカちゃん人形である「ウェルカムリカちゃん」が置かれています。このリカちゃんは実際にしゃべって歓迎してくれます。ここで写真を撮る人が多いです。

なりきりドレスでリカちゃんになっちゃおう

等身大リカちゃんの横には、女性専用のなりきりドレス(レンタル無料、時間制限なし)が設置されています。このドレスは、今着ている服の上に羽織るだけで良い作りになっています。サイズは80~160cmまで用意されています。大人も子どももリカちゃん気分になれるドレスです。

初代~4代目のリカちゃんについて知ろう

A post shared by しゅら (@syura0307) on


2階にあるリカちゃんミュージアムでは、初代から現在の4代目までのリカちゃんを全て見ることができます。音声ガイドの「リカちゃんナビ」が用意されているので、ショーウインドウのハートマークをタッチすれば、ここだけの話が聞けます。

「リカちゃんクイズ」も実施されています。これもペンでタッチすることによって出題されます。クイズに答えながらリカちゃんのことをもっと知ることができるようになっています。

リカちゃんキャッスルについてまとめ

A post shared by su (@artesano_su) on


リカちゃんキャッスルには、リカちゃんに関する様々な楽しみが用意されています。ミュージアムだけではなくて、リカちゃんのお部屋が再現された「リカちゃんのおへや」や、リカちゃんと世界の有名スポットで写真を撮れる「なりきり世界旅行」など、楽しめるスポットが色々とあります。服から小物から自由に選んで、オリジナルリカちゃん人形を作れる「お人形教室」もあります。リカちゃんが好きなら、一度は行ってみたい場所です。

INFORMATION

名称 リカちゃんキャッスル
所在地 福島県田村郡小野町小野新町中通51−3
電話番号 0247-72-6364
公式URL www.liccacastle.co.jp/
GOOGLE MAP