ライオン
Photo by photoAC / Size-adapted.

「仙台市 八木山動物公園」は、「セルコホームズーパラダイス八木山」という呼び名で地元民や観光客に親しまれています。家族連れからカップルまで幅広い層が楽しめるスポットです。

仙台駅から八木山動物公園駅までは、約12分でアクセス可能です。キリンやゾウを始めとして、ライオン、ホッキョクグマ、スマトラトラ、レッサーパンダなど人気の動物が集結しています。

実際に動物と触れ合えるエリアもあります。ヤギやヒツジにタッチしたり、ゾウやカバへの餌やり体験も実施されています。

 

夜の動物たちに出会える「ナイトズージアム」

2007年から毎年8月、「ナイトズージアム」として夜間の開園が行われています。通常は16時45分までですが、8月の3日間は、21時まで開園されます。園内はカラフルなライトで彩られて、幻想的な雰囲気に包まれます。動物を象った灯篭も見どころです。

例年、1万5000人を超える来園者が記録されています。特に昼間はゆっくりとしている動物でも、夜になると活発になるいわゆる「夜行性」の生態を観察できるのが魅力です。

ランチはお洒落な「グーグーテラス」で!

お昼は園内の「グーグーテラス」がおすすめです。グーグーというのは、英語のgoodと、フランス語で味を意味しているgoutを合わせてネーミングされました。

ピザやパスタがメインで、とてもお洒落な雰囲気のカフェになっています。専門店顔負けの本格的なピザやパスタをいただくことができます。ピザは普通のマルゲリータ(800円)の他に、コーンたっぷりピザ(850円)や、オルトナーラピザ(890円)が用意されています。

ズーパラダイス八木山のおすすめエリアを紹介

一番人気のエリアは「アフリカ園」

ズーパラダイス八木山のなかでも人気なのが、「アフリカ園」です。緑に囲まれた広い場所に、ゾウやキリン、カバ、シマウマが生活しています。

まさにアフリカのような光景が広がっています。毎日13時15分から、アフリカゾウの餌やり体験が実施されています。目の前の巨大なアフリカゾウの迫力は言葉では言い表せません。

肉食界の人気者が集まる「猛獣舎」

「猛獣舎」には、ライオンやトラ、ホッキョクグマといった人気者が集まっています。大きなガラス越しに間近で見ることができます。瞳の色から鋭利な爪、毛の一本一本を詳らかに観察可能です。

可愛い動物に触れ合える新エリア「ふれあいの丘」

「ふれあいの丘」は、2017年の7月にオープンした新しいエリアです。ここでは、ヒツジやヤギ、ウサギといった草食動物とのふれあい体験ができます。外にある広場では、毎日13時から鳥が飛翔する様子を間近で見られる「フリーフライト」と呼ばれるイベントが開かれています。

餌やり体験は、ニホンザルやアフリカゾウ、ヒツジ、ヤギなどそれぞれの動物でタイムスケジュールが組まれています。事前にHP(餌やり体験 タイムスケジュール http://www.city.sendai.jp/zoo/event/documents/h28_11_28esayaritohureai.html)でチェックして向かうようにしましょう。

ズーパラダイス八木山についてまとめ

八木山動物公園は、色々なイベントが企画されていたりして、動物と人との距離が近いのが特徴です。お洒落なカフェが併設されているなど、一日中過ごすことができます。子どもだけではなくて、大人も満足できるスポットになっています。

INFORMATION

名称 セルコホームズーパラダイス八木山
所在地 宮城県仙台市太白区八木山本町1丁目43
電話番号 022-229-0631
公式URL https://www.city.sendai.jp/zoo/
GOOGLE MAP