日帰り

温泉好きにはたまらない!山形県の秘湯・米沢八湯ではしご湯に挑戦しよう!

山形県米沢市郊外に湧いている8つの温泉「米沢八湯」。標高約1,000~1,250mもの高さがある土地には、大自然のなかにある温泉や、絶景を眺められる露天風呂など、さまざまな名湯が揃っています。
温泉好きはぜひ湯めぐりをしてみてはいかがでしょうか。

姥湯温泉

View this post on Instagram

A post shared by がんも (@goo_goo_gannmo)


山形県内で最も標高が高い1250mの山あいに温泉が湧き、一軒家が立つ温世知です。神秘的な乳白色の湯が特徴的な温泉です。

姥湯温泉の人気旅館「枡形屋」

View this post on Instagram

A post shared by マサ (@chocola20020202)


奇岩がそそり立つ、深い渓谷にある旅館「枡形屋」。この旅館では、むき出しの岩石を組んだ、自然と一体化したような混浴露天風呂が名物と言われています。
もちろん、女性専用の露天風呂もあるので、女性の方は安心です。檜造りの内湯にも風情がありますよ。源泉かけ流しのお湯をたっぷりと堪能しましょう。

INFORMATION

名称姥湯温泉 桝形屋
住所〒992-1303 山形県米沢市大沢姥湯1
電話番号090-7797-5934
URLhttp://www.ubayuonsen.com/
GOOGLE MAP

五色温泉

View this post on Instagram

A post shared by 板橋みつお(弥央) (@mitsuo_itb1017)


修験道の開祖である役小角が発見し、15世紀には上杉家重臣の直江兼続が温泉として整備したと言われている五色温泉。美肌の湯と呼ばれる泉質は、お肌をすべすべにしてくれるでしょう。ほか、切り傷ややけど、皮膚病にも有効とされています。

五色温泉の旅館「宗川旅館」

温泉だけではなく、米沢牛を使用した食事にも定評がある五色温泉の「宗川旅館」。夏は森の混浴露天風呂が解放されていて、大自然を堪能できるでしょう。
展望露天風呂には源泉かけ流しのお湯が流れていて、吾妻山系の景色を一望できます。

INFORMATION

名称五色温泉 宗川旅館
住所〒992-1331 山形県米沢市板谷498
電話番号0238-34-2511
URLhttp://www.goshikionsen.jp/
GOOGLE MAP

新高湯温泉

View this post on Instagram

A post shared by HSnature (@hs.milky)


米沢八湯のなかでも人気が高いのが、西吾妻連峰の山中にある新高湯温泉。明治14年に開湯してから、1902年に開宿されるまで秘湯として知られてきました。
硫黄や硫酸が含まれた温泉は、アトピーをはじめとする皮膚病や打ち身、胃腸病に効くと言われています。

新高湯温泉の旅館「吾妻屋旅館」

View this post on Instagram

A post shared by Tetsuro iino しぇー兄 (@tetsuro_iino)


新高湯温泉唯一の旅館である「吾妻屋旅館」は、西吾妻連峰の大自然に囲まれた一軒宿です。開けた視界から山峡を望む名物の露天ぶろや、木の根を使った露天風呂などユニークな浴場が充実しています。

INFORMATION

名称新高湯温泉 吾妻屋旅館
住所〒992-1472 山形県米沢市大字関湯の入沢3934
電話番号0238-55-2031
URLhttp://www.on1000.jp/
GOOGLE MAP

白布(しらぶ)温泉

View this post on Instagram

A post shared by 佐藤浩亮 (@kosuke.sat0)


開湯以来700年以上のも歴史を誇り、現在も「奥州三高湯」のひとつに数えられている山峡の温泉。滝のように白い湯が流れ落ちる様子は、まさに白布と言えるでしょう。白布温泉には4軒の温泉宿があるので、宿泊する際にはお好みの宿を選べます。

白布温泉の旅館「湯滝の宿 西屋」

江戸時代から残る、かやぶき屋根の母屋と、築80年の本陣づくりの本館が湯治場風情をかもしている旅館です。200年前に作られたと言われている「石の浴場」には、名物の湯滝が流れ、そのさまにうっとりします。日本情緒漂う旅館です。

INFORMATION

名称白布温泉 湯滝の宿 西屋
住所〒992-1472 山形県米沢市関1527
電話番号0238-55-2480
URLhttp://nishiya-shirabu.jp/
GOOGLE MAP

まとめ

ここで紹介した以外にも、大平温泉、湯の沢温泉、滑川温泉、小野川温泉があり、それぞれに違った特徴があります。温泉手形があるので、購入して湯めぐりを楽しんでみてはいかがでしょうか。きっと、山形県がもっと好きになれるでしょう。

Harumaki

投稿者の記事一覧

元旅行会社添乗員のライターです。東北で好きな場所は宮城県にある御釜と青森県の奥入瀬渓流。温泉巡りも好きで、日帰り湯をよく利用しています。

関連記事

  1. 【福島県福島市】標高1,600メートル。日本で星に一番近い「浄土…
  2. 【北東北】秋田県、岩手県で鉄印がもらえる第三セクター鉄道路線をご…
  3. 八甲田山 【青森】大岳を主峰とした18の山々からなる火山群「八甲田山」
  4. 【秋田】花と史跡と温泉が同時に楽しめる!由利本荘市の史跡《本荘公…
  5. 【青森県鶴田町】気分は吉永小百合?「鶴の舞橋」は絵画のような絶景…
  6. 吾妻小富士 【福島】吾妻連峰の火山群の一つ「吾妻小富士」
  7. 【秋田県仙北市】抱返渓谷は秋田を代表する絶景スポット!抱き返らな…
  8. 【青森県弘前市】大正ロマンを感じるスターバックスコーヒー弘前公園…

ピックアップ

  1. 蔵王のたまごぷりん
  2. 千日餅

ランダムピックアップ

  1. F-4戦闘機
  2. 大内宿
PAGE TOP