景勝地

【秋田県美郷町】秋田にもあった!紫の景観、美郷町ラベンダー園は癒しの香りに包まれてる

美郷町ラベンダー園のラベンダー

雄大なラベンダー畑というと北海道(富良野)を思い描く人も多いと思います。

しかし、北海道に引けを取らないぐらい見事な一面の紫のジュータンを秋田県美郷町でも観ることができるのです。

癒し効果の高い香りのラベンダー、紫だけでなくホワイトもあり、眺めるだけでも心が癒されるのが感じられる程ですよ。

この記事では、ラベンダーの開花時期やラベンダーの癒し効果の秘密まで調査してみました。

どうぞ最後までお読みください。


一面のラベンダーを見に行こう!

美郷町ラベンダー園
美郷町ラベンダー園

秋田県美郷町は昭和63年からラベンダー栽培をはじめ、現在では2万ヘクタールに2万株も栽培されている見事なラベンダー園となっています。

一面のラベンダーの向こうには奥羽山脈がそびえたち、雄大なロケーションに見惚れるようです。

ラベンダー園に近づくと全身が香りに包まれるようで、癒し効果が抜群で心身ともにリフレッシュできますよ!

色々な芳香剤にも利用されているラベンダーですが、混じりっ気のない本物のラベンダーの香りの良さを体感でき、敷地内にはアスレチックコーナーもあるので、子どもも楽しめます。

また、ラベンダー最盛期には各種グルメの出店や、秋田のご当地旨い物の代表格『ババヘラアイス』や『ニテコサイダー』の販売もあるそうです。

INFORMATION


  • 名称 : 美郷町ラベンダー園
  • 住所 : 仙北郡美郷町千屋字大台野1-4
  • アクセス : 国道13号線より車で30分 
  • 電話番号 : 0187-85-3131
  • 営業時間 : 6月中旬~7月上旬 9:00~17:00
  • 利用料金 : 入園無料 駐車料金無料 花摘み体験:300円(予定)
  • 公式ホームページ : 秋田県美郷町ホームページ
  • お問い合わせ先 : 0187-84-4909(美郷町商工観光交流課)

GOOGLE MAP



品種登録されている美郷町独自のラベンダーとは?

美郷町ラベンダー園のホワイトラベンダー
美郷町ラベンダー園のホワイトラベンダー「美郷雪華(みさとせっか)」

美郷町オリジナルのホワイトラベンダーも圧巻の美しさを誇っています。ホワイトラベンダーは美郷町で発見され栽培を行い増やした品種です。

平成25年に品種登録(登録NO 第22259)されたホワイトラベンダーは『美郷雪華(みさとせっか)』と名付けられ、従来のラベンダー色である紫のジュータンと並び、その名の通り雪の華が敷き詰められているような幻想的な雰囲気を醸し出しています。

爽やかな香りに加えて優しく甘い香りがホワイトラベンダーの特徴となっています。

園内に広がる紫と白のコントラストは美しさに圧倒されるようですよ。

美郷町ラベンダー園で栽培しているその他の品種

  • 濃紫早咲(のうしはやざき)
  • サキガケ
  • ナナ成沢
  • オカムラサキ
  • スーパーセビリアンブルー
  • ラバンディン

北海道とも交流があり互いに高めあっている?

中富良野ラベンダー園
中富良野ラベンダー園

平成26年から北海道中富良野と交流を行い、定期的にそれぞれの町で栽培された苗を交換し、ラベンダーの種類を増やすことで、人気種の『濃紫早咲』や『ラバンディン』などが美郷町でも観られ、中富良野ではホワイトラベンダーが観られるそうです。

定期的に苗を交換することで若返りをさせ、景観の衰えを防いでいます。


ラベンダーの魅力は?綺麗なだけじゃない!

ラベンダーの香りは日用品などに多く利用されており、身近に感じらると思います。

では、なぜそこまで使われることが多いのかと言いますと、ラベンダーには抜群のリラックス効果があるからなのです。さらに、抗菌作用にも優れているため、切り傷や虫刺されにも役立つと言われています。

花穂を乾燥させて小袋に入れて枕元に置くことでリラックスし安眠することができるとも云われ、ピローや、サシェを手作りする人もいます。

美郷町ラベンダー園でも、ラベンダーを利用して作った小物なども売られていますよ。

まとめ

一面に広がるラベンダーの景色は、ポスターやカレンダーなどでよく見かけますよね。その美しい景色が広がる秋田県美郷町は、ラベンダーで有名な北海道中富良野との交流もあり、東北で最大級のラベンダー園として大変人気があります。

中でも美郷町オリジナルのホワイトラベンダーの咲き誇る姿には思わず感嘆の声が漏れてしまうほどです。

6月から順に咲き始めるラベンダーに癒されるため、出かけてみるのも良いかもしれませんね!


ikoke

投稿者の記事一覧

東京都出身ですが、山形県に居住して30年の時が過ぎました。今では方言も板につき地元民になりきっています。
近県の宮城、福島両県へはネタ収集と称して月2~3日ぐらい出没中。
猫と地酒と肴を愛してやまない中年層に属しています。(アイコンは愛猫です)

関連記事

  1. 【秋田県】秋田のおすすめビーチ5選!日本海に沈む夕日の景観がポイ…
  2. 【青森県八戸市】八戸名物の朝市!早く起きた朝は、朝市で食事をして…
  3. 【秋田県】えごとは?海藻からできる低カロリーでヘルシーなお土産を…
  4. 【青森県】青森県の名水8選!青い森が育む清涼な涌水の宝庫!
  5. 【福島県郡山市】猪苗代湖の水を安積原野に流す-郡山市の安積原野を…
  6. 【宮城県柴田郡】宮城屈指の桜の名所!船岡城址公園
  7. 【福島県】福島県のおすすめローカル線4選!うつくしま、ふくしまで…
  8. 温泉が豊富な岩手県!行ってみたいお宿はここだ!

ピックアップ

  1. 赤ワイン

ランダムピックアップ

  1. 抹茶と和菓子
  2. なまはげ柴灯まつり
  3. 入道岬
  4. 太宰治 文学サロン
  5. 慈恩寺の山門
PAGE TOP