図書館

【山形県米沢市】米沢市の図書館が素敵かも!居心地もよさそう。

図書館好きの人たちの中で、話題になっている山形県の米沢市立図書館をリサーチしてみました。

早速入ってみたら、圧巻の高さ!まるでタワーのように立ち並ぶ書簡。ぐるっと一周、巨大な本棚に囲まれているような空間が現れました。

驚きと共に浮かぶ疑問。『上の本どうやって取るの?』ですよね、疑問は聞くにかぎる。ということで館長さんにお聞きしてみました。

今回は、米沢市の新生図書館をご紹介したいと思います。

本好き、図書館好きなかたは行きたくなること間違いなし!可愛いステンドグラスも紹介していますので、どうぞ最後までお読みください。

蔵書が前面に?圧巻の高さ!

館内2階が図書室になっていて、階下から見上げるともうすでに、スゴイ!と声が漏れてしまいました。

館内全般がコンクリート打ちっぱなしのような造りで、足音もせず静寂そのものでした。

1階にギャラリーや自習室も備えており、エレベーターも設置されているので、2階図書室に車いすでもスムーズに行くことができるように、全館バリアフリーになっています。

検索用のパソコンデスクも受付前にモニターが4台あり、車いすのまま扱えるよう、全体に低めの設置となっています。

じつは、図書館大好きな自分は、館内に足を踏み入れた時からワクワクが止まりませんでした。

上の方の本はどうやって取るの?

お聞きしましたら、図書館職員の方に取ってもらうのだそうです。

こちらの図書館の蔵書は約15万冊もあるので、パソコンで検索し手に取りたい本が上の棚にある場合は、職員の方が脚立などに上がり取り出してくださいます。

かなりの高さがあるので、万が一落としてしまいますと、たった一冊でも大変なことになりかねませんから、利用者が上部の書棚に近づくことはできません。

下から眺めながら職員の方にお任せですね。

さながら”本の塔”を見上げている状態です。

図書館の名称は米沢にゆかりのあるあの偉人の言葉から選んだの?

「ナセBAは」成せば=なせば→ナセBAと、「なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成らぬは人の なさぬなりけり」米沢藩主上杉鷹山』の言葉にあやかり名付けたそうです。

日々努力、何事も前向きにとの鷹山公の教えは、学びの場でもある図書館の名称にぴったりですね。

米沢市の図書館はいつできたの?場所はどこ

この投稿をInstagramで見る

Yuichi Yashiro(@yassie0912)がシェアした投稿

米沢市の図書館の開館は、明治42年ですから歴史がうかがえますね。その後「米沢市立図書館」となり現在の図書館の前身となったのは、昭和13年だそうです。

米沢市の都市再生整備計画により、文化複合施設としてナセBA(図書館・市民ギャラリー)が平成28年に街の中心部に開館しました。

旧図書館は小さく利用者にとっても少し不便だったのですが、移転リニューアルされたことで県外から訪れた方からも、SNSを通して話題にされたりしています。

お年寄りから小さなお子さんにも親しまれる図書館、誰でも気軽に訪れ利用できる図書館を目指し実践しています。

車で訪れ利用する場合も、道路挟んだ向かい側に市営の有料駐車場があります。しかも図書館利用であれば3時間まで無料で使うことができるようになっていますので、利用しやすいですね。

幼い子どもをつれても大丈夫?

この投稿をInstagramで見る

シマダ ユリカ(@mokuseiyurika)がシェアした投稿

ttps://@musashino.kb 制作のヒデヨシステンドグラス

絵本など児童書も大変充実していて、お子様コーナーには上の画像のステンドグラスが、部屋全体を明るくしてくれています。

 

お話し会(読み聞かせ)なども定期的に行われ人気があります。子どもたちの真剣なまなざしが目に映るようです。

上の画像のステンドグラスの原画作者は、米沢市出身の『ますむらひろし』氏です。

7~8月にかけて、山形美術館にて「ますむらひろし展」が開催予定です。

夏休み期間中ですので、お子さまと一緒にいかがですか?

まとめ

全国各所に図書館はありますよね。しかし蔵書の一部は、書庫やバックヤードにしまわれていることがほとんどではないでしょうか。

米沢市のように全蔵書を、見える配置にしているところは珍しく、本の大海のようでなります。また、全館バリアフリーで天井も高く、解放感を感じられる造りはとても気持ち良いです。

広々としていてゆっくりと読書を楽しめ、1階に学習室もあることから学生の自主学習にも使え、調べものにも集中できる環境はたいへんありがたいですね!

このような図書館なら、何時間でも居たくなりますね。

米沢の図書館まで出かけられなくても、お近くの図書館でも新たな発見があるかもしれません。ぜひお近くの図書館に出かけてみてください。日常から離れた読書タイムもいいですよ。おススメします!

 

INFORMATION
  • 名称 ナセBA
  • 所在地 山形県米沢市中央1丁目10−6号
  • 開館時間 平日10:00~20:00(4月~9月) 土日祝9:00~19:00(4月~9月) ※10月~3月のみ平日は19:00まで
  • 休館日 毎月第4木曜日(祝日に当たる時は、次の平日が休館)
  • URL ナセBA – 市立米沢図書館ホームページ
  • GoogleMap

ikoke

投稿者の記事一覧

東京都出身ですが、山形県に居住して30年の時が過ぎました。今では方言も板につき地元民になりきっています。
近県の宮城、福島両県へはネタ収集と称して月2~3日ぐらい出没中。
猫と地酒と肴を愛してやまない中年層に属しています。(アイコンは愛猫です)

関連記事

  1. 【秋田県】平福百穂とは?作品から鑑賞できる場所まで詳しくご紹介
  2. 大内宿全景 【福島】大内宿で江戸時代へタイムスリップしてきた!
  3. 【青森県】朱色の鳥居がどこまでも続く「千本鳥居」の光景とは
  4. 立石寺(山寺) 【山形】松尾芭蕉も登った1050段の石段「立石寺(山寺)」
  5. 安達太良山の紅葉 個性的な宿が充実!福島県に行ったら泊まりたい温泉宿特集
  6. 開山堂 秋の行楽シーズン!山寺は運動不足でも登れるのか!?
  7. いま話題!山形で人気のゲストハウス3選
  8. F-4戦闘機 【青森県三沢市】「三沢航空科学館」は希少な航空機が勢ぞろい!エア…

ピックアップ

ランダムピックアップ

  1. 太宰治 文学サロン
  2. 桧原湖
PAGE TOP