食品

【福島県】一度は途絶えたあの味が復活!人と人をつなぐソウルフード『凍天』の奇跡

福島の人気商品の1つに『凍天』があります。

食べ応えのあるおやつとして大人気であった凍天は、2019年に突如市場から姿を消してしまいます。しかし、復活を望む人々の願いから、ある会社があの味の復活に挑戦しました。そんな奇跡の復活を遂げた凍天について、この記事では紹介していきます。是非最後までご覧ください。


福島県のソウルフード『凍天』とは?

ジュワワワ…と軽快な揚げ物の音と共に、流れてくる甘い匂い。手渡されるのは、きつね色で丸々とした温かい『凍天』。揚げたてをガブリと頬張れば、まずはザクザクの表面に包まれたふんわりと甘いドーナツ生地。さらに、滑らかで香り高い凍み餅が包み込まれ、モチモチとした食感を楽しめます。

この投稿をInstagramで見る

凍天(@shimiten_konohata)がシェアした投稿

1つでもたっぷりと心とお腹を満たしてくれる凍天は、福島のソウルフードとして長く愛されてきました。

凍天に使われる凍み餅とは、本来は保存食。主に阿武隈高地一帯で作られ続けてきました。厳しい冬の寒さと風を利用して、軒先に吊るした餅を氷結・乾燥させてカチカチに固めたもので、とても長期保存が可能です。餅にはつなぎとしてオヤマボクチの葉(地元では「ごんぼっぱ」と呼ばれます)が使われ、鮮やかな緑色をしています。

凍み餅の食べ方は、一晩浸水させた後、甘醤油を焼き絡めるのが定番でした。そんな郷土食をアレンジし、子どもからお年寄りまで手軽に楽しめるようと開発されたのが凍天という商品です。郷土食離れが進む中、凍天を介して初めて凍み餅の美味しさを知った方が少なくなかったといえるでしょう。


一度は途絶えた『凍天』、奇跡の復活を遂げたストーリー

凍天は南相馬市の餅菓子店が製造、販売した菓子です。

一見アンバランスなドーナツと凍餅のコラボレーションを、絶妙なバランスで成功させた凍天。その意外性と美味しさがテレビ番組「秘密のケンミンSHOW」で取り上げられると、一気に全国へと知名度を広げました。県内外に販売店や販売ルートを開拓し、お茶請け・おやつ・お土産に…など、凍天を買い求める人が連日賑わう人気ぶり。

この投稿をInstagramで見る

@fukushima_fukkou_shitarouがシェアした投稿

しかし、2011年の東京電力福島第一原発事故による風評被害などを理由に業績悪化。2019年、餅菓子店が自己破産を申告し、凍天は市場から姿を消すこととなりました。

「もう凍天を味わうことができない」そのニュースは福島県内外の凍天ファンに大きな衝撃を与えたものです。

そんな中、福島市に本社を置く化粧品通販などを運営する会社が、凍天の復活のために動き始めました。凍天の特許と商標を落札し、製造方法を教えてもらい、目指したのは「あの味の復活」。こうして一度は途絶えた福島の味は、2020年9月に東北自動車道下り線国見サービスエリア内のフランチャイズ店舗にて再び息を吹き返すこととなったのです。


復活した凍天はどこで買える?ファン必見の情報を紹介

奇跡の復活を遂げた凍天は、現在以下の店舗で購入可能です。

  • ピボット福島店(直営店)
  • いわき・ら・ら・ミュウ店(直営店)
  • 伊達工場店(直営店)
  • 国見SA(下り線)店(フランチャイズ店)

上記店舗で、揚げたてサクサクの凍天を購入することができます。スナック感覚で美味しく食べることが出来る凍天を是非ご賞味ください。

この投稿をInstagramで見る

mk124(@soccercar7)がシェアした投稿

また、凍天は冷凍販売も行われています。家族みんなで楽しみたい方や、お土産やギフトにも使える便利な商品ですね。冷凍凍天を入手する方法は、以下の通りです。

是非チェックしてみてください。

INFORMATION

ピボット福島店(直営店)

〒960-8031 福島県福島市栄町1-1 パワーシティピボット1F

電話番号/024-573-7400
営業時間/10:00~19:00
定休日/施設休館日
いわき・ら・ら・ミュウ店(直営店)

〒971-8101 福島県いわき市小名浜字辰巳町43-1 いわき・ら・ら・ミュウ1F

電話番号/0246-38-9008
営業時間/10:00~18:00
定休日/施設休館日
伊達工場店(直営店)

〒969-1661 福島県伊達郡桑折町大字上郡字堰上10-5

電話番号/024-563-5455
営業時間/10:00~17:30
定休日/不定休
国見SA(下り線)店(フランチャイズ店)

〒969-1711 福島県伊達郡国見町大字貝田字山口12

電話番号/024-585-3561(SA代表番号)
営業時間/9:00〜18:00

まとめ

この記事では、奇跡の復活を遂げた福島のソウルフード『凍天』についてご紹介しました。

甘くてサクサクとしたドーナツ生地と、モチモチの凍み餅の食感が病みつきになる凍天。もう一度あの味を食べられると、復活のニュースを喜んだ方は多かったのではないでしょうか。今後は凍天を食べられる店舗が更に増えたら嬉しいですね。是非揚げたての凍天を求めてお出かけしてみてください。


motohal

投稿者の記事一覧

30代女性/福島県/地域・グルメ・女性ライフスタイル等の執筆を手がけるライター

関連記事

  1. みちのく公園 宮城の隠れた名所、柴田郡の親子で楽しめるスポット5選
  2. 【福島県郡山市】日本三大饅頭の一つ、「柏屋の薄皮饅頭」と「朝茶会…
  3. 【秋田県秋田市】秋田市内の老舗的繁華街、川反(かわばた)界隈のせ…
  4. 厳美渓のバス停 【岩手県一ノ関】厳美渓はだんご屋のメッカ?空を飛んで滝を見ていつ…
  5. 【福島県南会津町】文金高島田に髪を結い、振り袖姿で歩く数十名の花…
  6. 【福島県伊達郡】伊達氏発祥の地、奥州街道の宿場町「桑折」
  7. 【宮城】常連客に愛される移動販売車「まめちちどーなつ」
  8. 観世寺(鬼婆の住んでいた岩屋) 【福島県二本松市】安達ケ原(黒塚)の鬼婆伝説。それは悲しい人間ド…

ピックアップ

  1. エヴァキービジュアル

ランダムピックアップ

  1. 志田浜の景色
  2. 桧原湖
  3. 月山(夏スキー)
  4. 気仙沼大島
PAGE TOP