お祭り

【山形県庄内地方】身も心も温まる庄内地方で愛され続けている「どんがら汁」とは!?

山形県庄内地方には、厳冬期に昔から愛され食べられる汁物があります。

海の近くだけの旨いものだったのですが、流通の良くなった現在では、山形県全域で食べられています。

その名は「どんがら汁」、庄内地方に住む人で食べたことがない人はいないのでは?というくらい好まれている、冬の代名詞のような郷土食です。

ここでは「どんがら汁」のいわれや庄内の人たちを中心に山形県民が楽しみにしている「どんがら汁(寒鱈まつり)」の日程などの情報をご紹介していきます。

どうぞ最後までお読みください。

どんがら汁って何?

どんがら汁とは、真冬に獲れる真鱈(魚)の汁ものです。

1月上旬~2月上旬に獲れる真鱈(魚)を寒鱈と言い漁師が船上や浜で、冷え切った体を温めるために作り食べていたのが始まりとされています。

獲ったばかりの寒鱈の頭からしっぽまで、内臓も含めてそのままぶつ切りにし、捨てるところなしにすべて使うのが特徴です。

味付けは基本的に味噌のみを使いますが、地域によっては酒粕を入れたりもしています。

「どんがら」という言葉は、胴殻(身とガラ)がなまって変化していったと伝えられています。

この投稿をInstagramで見る

yutaka ito(@yutaka__ito)がシェアした投稿

「どんがら汁」と日本酒なんて体の芯まで暖まりそうですね!

庄内地方各地で開催の「どんがら汁(寒鱈まつり)」の紹介

山形県庄内地方では毎年厳冬期の1月中旬から2月にかけて、それぞれの地域ごとにどんがら汁(寒鱈まつり)が開催されます。

市民は勿論ですが県内外からも毎年楽しみにして多くの人が訪れています。

2023年も3年ぶりに開催されるところもあり、大変楽しみにされています。

どんがら汁(寒鱈まつり)各地区の詳細

『酒田日本海寒鱈まつり』

酒田市内3か所での開催となるようです。
詳しくお知りになりたい方は以下へお問い合わせください。

INFORMATION


  • 名称 : 第36回酒田日本海 寒鱈まつり
  • 会場:中町モール、中通り商店街、酒田海鮮市場
  • 日程 : 令和5年 1月28日(土曜)29日(日曜)
  • 開催時間 : 午前10時30分〜午後3時30分 ※寒鱈汁は午後2時頃まで販売(無くなり次第終了)
  • 販売価格 : 一杯700円
  • お問い合わせ : 酒田商工会議所内「第36回酒田日本海寒鱈まつり実行委員会(0234-22-9311)」

『庄内観光物産館 寒鱈まつり』

開催にあたってコロナ対策で会場内人数制限を設け、毎時間45分ごとに完全入れ替え制と換気を行うそうです。

*なお、予約制となっておりますのでご注意願います。

INFORMATION


  • 名称 : 庄内観光物産館 寒鱈まつり
  • 会場 : 庄内観光物産館
  • 住所 : 〒997-0851 山形県鶴岡市布目字中通80-1
  • 日程 : 令和5年 1月14日(土曜)〜 同月29日(日曜)
  • 開催時間 : 完全予約制(各時間45分ごとに完全入れ替え制)下記公式ホームページ、又は予約電話番号までお問い合わせください。
  • URL : 庄内観光物産館 庄内冬の鍋祭り公式ホームページ
  • 予約電話番号 : 022-25-5114

GOOGLE MAP



『しゃりん寒鱈まつり』

海が目の前の道の駅です。どんがら汁にピッタリのロケーションです!

INFORMATION


GOOGLE MAP



『日本海寒鱈まつり』

INFORMATION


  • 名称 : 第35回ぎんざ冬まつり 日本海寒鱈まつり
  • 会場 : 鶴岡銀座商店街特設会場(山形県鶴岡市本町)
  • 住所 : 〒997-0034 山形県鶴岡市本町1丁目4-23
  • 日程 : 令和5年2月5日(日曜)
  • 開催時間 : 10:30〜15:00
  • お問い合わせ : 0235-22-2202(鶴岡銀座商店街振興組合)

GOOGLE MAP



どんがら汁(寒鱈汁)家庭で挑戦!

この投稿をInstagramで見る

山形うまいずマーケット(@yamagataumaies)がシェアした投稿

どんがら汁セットとして販売もされています。

お取り寄せもあるようですので検索してみるのもいいかもしれません。

また、スーパーなどで売られている鍋用の生鱈切り身と白子や生たらこを長ネギや豆腐と一緒にみそ仕立てで作るのもアリです。

ちなみに我が家では、生臭みを緩和するためささがきごぼうも入れます。

晩酌にも合いますからおすすめですよ!

まとめ

冬の庄内を代表する旨い物「どんがら汁(寒鱈)」をご紹介してきましたがいかがでした?食べてみたくなったのではないでしょうか。

「どんがら汁」って聞いただけでは何の汁?って思った方もいらしたと思います。

もう一度ご説明しますと、真冬に獲れる真鱈を寒鱈といい、寒鱈を丸のままぶつ切りにしてすべて使って作るみそ仕立ての汁物が「どんがら汁」なのです。

そのどんがら汁を食べる寒鱈まつりが庄内地方いたるところで開催されます。

1年で一番寒い厳冬期の北国に『身も心も温まる』どんがら汁は最強!そんな祭りが存在するなんて、
チャンスがあったら是非訪れてみてはいかがでしょうか。

旨い郷土食、おすすめですよ。

ikoke

投稿者の記事一覧

東京都出身ですが、山形県に居住して30年の時が過ぎました。今では方言も板につき地元民になりきっています。
近県の宮城、福島両県へはネタ収集と称して月2~3日ぐらい出没中。
猫と地酒と肴を愛してやまない中年層に属しています。(アイコンは愛猫です)

関連記事

  1. 【秋田県】秋田県のクラフトビール、個性豊かな味わいを楽しもう!
  2. 火山ガス 【秋田県湯沢市】「川原毛地獄」は真っ白な異世界!大湯滝と泥湯温泉…
  3. ワカサギ釣り 【岩手県盛岡市】岩洞湖名物のワカサギ釣りを満喫しよう!道具一式を…
  4. 【宮城県仙台市】2022年仙台七夕まつりの最新情報や歴史を紹介!…
  5. 【秋田県】はたはた寿司とは?美味しい時期から作り方まで詳しくご紹…
  6. 【山形県】さくらんぼの「佐藤錦」には100年の歴史!大粒や冷凍さ…
  7. 中尊寺 【岩手】奥州藤原氏三代の寺院「中尊寺」
  8. ぶどう 【山形県上山市】「高橋フルーツランド」で四季折々のフルーツ狩りを…

ピックアップ

  1. Wake Up, Girls!
  2. COFFEE STOUT
  3. 仙台駅東口

ランダムピックアップ

  1. 磐梯山
  2. 三春滝桜
  3. オムライス
  4. 琥珀のイメージ
PAGE TOP