モノづくり体験

【福島県須賀川】「ムシテックワールド」は昆虫から科学まで広く学べる体験型施設!パイロットになって福島の空を飛べます

ムシテックワールドは、福島県須賀川市にあります。昆虫の生態から始まり、広く自然や科学について触れられる体験型の施設です。
正式には、ふくしま森野科学体験センターです。しかし、ムシテックワールドと呼ばれることのほうが多いです。

建物は2階建てで、屋外にも体験コーナーがあります。年に何度もイベントが企画されています。男子だけではなくて女子も、そして大人も楽しめるスポットです。

須賀川市は昆虫とウルトラマンの町

View this post on Instagram

A post shared by 鈴木雄也 (@yayu.suzuki)

須賀川市といえば、ウルトラマンの町としても有名です。ウルトラマンの故郷と姉妹都市になっています。

昆虫やウルトラマンと出会える町なので、やはり胸を高鳴らせる男の子は多いです。今回はウルトラマンは置いておいて、昆虫のほうのムシテックワールドをフィーチャーしていきます。

View this post on Instagram

A post shared by @shin_5107

ムシテックワールド1階

なぜだろうランドの昆虫は超特大

View this post on Instagram

A post shared by 鈴木 一徳 (@ittoku_)

館内の1階には、「なぜだろうランド」というエリアがあります。ここでは、昆虫の生態を学べます。

トンボやクモ、ハチなどを始めとする昆虫が展示されています。角が生えたトンボなんているの? クモが自分の巣にくっつかないのはなぜ? 毒のないハチはいるの? といった素朴な疑問を解決できます。

View this post on Instagram

A post shared by Yoshitsugu (@yottsu.goo)

基本的に、昆虫は人間よりも大きなサイズで並んでいます。自分たちが小さくなったかのような錯覚に陥るのも楽しいです。

昆虫の模型を大きくしているのは、より詳細に生態を知ることができるようにするためです。たとえば、蚊は普通だと小さすぎて、どのように人間から血を吸っているのかが分かりません。

View this post on Instagram

A post shared by motoko.tomoko (@create.motoko)

しかし、特大の蚊が展示されているので、実際にどうやって人間に針を刺し、そして血を吸っているのかが、つぶさに観察できます。もちろん、蚊はメスだけが血を吸う、などの豆知識も知れます。

View this post on Instagram

A post shared by 清野義文 (@yosi19651212)

サイエンスステージで科学の不思議を体感

1Fには「サイエンスステージ」も設置されています。ここでは、科学実験のショーが開催されています。でんじろう先生によるショーが人気です。

View this post on Instagram

A post shared by まなそびプレックス (@manasobi)

サイエンスステージは階段状に100席が広がっています。座ってゆっくり迫力のショーを楽しめます。

ショーの内容は全国でもトップレベルといわれています。須賀川市が地方創生の観点から、予算をかけているのがムシテックワールドです。

市が事業として力を入れていることもあって、ショーだけではなく、ムシテックワールド全体のクオリティーは非常に高いです。子ども騙しの施設ではありません。

https://www.instagram.com/p/BWUE8vABGgG/

200インチの大きなスクリーンがあります。身近な素材を使った科学などの番組「サイエンスチャンネル」が上映されています。

 一番人気のクワガタはもちろん押さえている

View this post on Instagram

A post shared by 鈴木 一徳 (@ittoku_)

ムシテックワールドのシンボルとなっているのがクワガタです。男子に一番人気の昆虫といえば、クワガタです。もちろん、ムシテックワールドではクワガタに触れられるコーナーが設置されています。

View this post on Instagram

A post shared by 前田 諭志 (@st_mae)

レギウスオオツヤクワガタやローゼンベルグオウゴンオニクワガタ、ミヤマやヒラタクワガタまで、珍しい海外のものやお馴染みの国内のクワガタがたくさん展示されていて、実際に手に持つことが可能です。

View this post on Instagram

A post shared by seki (@takuma4111)

初めて見るクワガタがたくさんいるということで、目を輝かせる男子が大勢います。実際に触れられるのは、クワガタだけではありません。

トカゲやアオダイショウなど、爬虫類も持つことができます。ここで悲鳴を上げるお母さんは多いですが、子どもは男子だけじゃなく女子もへっちゃらで楽しく触っています。

ムシテックワールド2階

フライトアカデミーで飛行機のパイロットになれる

https://www.instagram.com/p/BWT6wo1hi4R/

2Fの目玉は、やはり「SUKAGAWAフライトアカデミー」です。これは、飛行機の操縦体験ができるフライトシミュレータです。

遊覧飛行コースや、フライトレッスンコースが用意されています。一番気軽にできるのが、遊覧飛行コースで、4人同時に乗ることが可能です。
交互に操縦席に座ります。福島の空を飛べます。福島の空港から離陸して、福島の空を回遊し、また元の空港に着陸をします。とてもリアルなので、大人が夢中になることが多いです。

ライトレッスンコースは実際に操縦のスキルをアップすることができます。小学校5年生以上が対象です。

View this post on Instagram

A post shared by Ichiro (@phantomboys3021501)

フライトアカデミーは別途料金がかかります。子どもも大人も一律です。

■遊覧飛行コース 200円

■フライトレッスンコース
・パーソナルフライトコース 100円(1STEPごと)
・訓練フライトコース 400円

View this post on Instagram

A post shared by harumao222 (@h.kawamex)

ムシテックワールド館外

フィールドワークで実際に昆虫を捕まえよう

館外の野原では、フィールドワークが企画されています。こちらでは、館長である東大名誉教授の養老孟司とともに、昆虫の採集方法や見分け方などを学べます。

他にも、秘密基地の作り方など子どもが喜びそうなプログラムが用意されています。

ムシテックワールドへのアクセス

View this post on Instagram

A post shared by 古時計 (@craft.f1954)

ムシテックワールドは、市街地や最寄りの駅から離れています。そのため、自家用車かタクシーでのアクセスがおすすめです。自家用車だと、須賀川ICから約20分、福岡空港から約15分です。タクシーの場合は、JR水郡線川東駅から約15分です。

ムシテックワールドについてまとめ

ムシテックワールドは、名前からすると昆虫館のような感じですが、実際には昆虫だけではなくて、多くの科学体験コーナーやフライト体験施設などが設置されている複合型の施設です。

イベントが多く企画されているのが人気の理由です。本文でも触れたとおり、市や地域が力を入れているのが特徴です。たとえば2018年の5月には、須賀川青年会議所が主催をして、子ども向けのイベントが開催されました。

そこでは、カブトムシの幼虫掴みやけん玉検定など、いろいろな楽しめる企画が実施されています。当日は入館料が無料でした。

普段から、科学実験や工作、フィールドワークに予約をして参加することが可能です。見るだけじゃなく、実際に体感できるのがこの施設の魅力です。

INFORMATION

名称ムシテックワールド(ふくしま森野科学体験センター)
所在地福島県須賀川市虹の台100
電話番号0248-89-1120
公式URLhttp://www.mushitec-fukushima.gr.jp/
GOOGLE MAP

sugar

投稿者の記事一覧

観光が大好きなwebライター。ご当地グルメの探求に専心中。最近は饅頭、団子など和菓子の名店をリサーチしております。デパ地下めぐりが日課。

関連記事

  1. アンパンマンと子どもたち 仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール
  2. 温泉好きにはたまらない!山形県の秘湯・米沢八湯ではしご湯に挑戦し…
  3. 【福島県】会津の「馬刺し」は美味い!馬肉料理がオススメの飲食店も…
  4. 弘前城 青森に行くなら絶対外せない観光地5選!
  5. 【岩手県】岩手県の戦国武将「岩手県ゆかりの戦国武将を知っています…
  6. 【岩手県】奥州藤原氏の黄金埋蔵金伝説!平泉の金鶏山とは?
  7. 富沢遺跡 2万年前の遺跡をそのまま保存!地底の森ミュージアムで悠久の時を感…
  8. 【福島県郡山市】鯉に恋する都市を目指して|郷土の味「鯉料理」を広…

ピックアップ

  1. 蔵王のたまごぷりん

ランダムピックアップ

  1. スモッチパッケージ
  2. ベニーランド
PAGE TOP