ひつじ
Photo by photoAC / Size-adapted.

「蔵王酪農センター」は、牧場を始めとして色々な施設が揃った酪農の総合センターです。手作り体験やグルメなど、様々なアミューズメントが用意されています。家族連れでもカップルでも楽しむことができるスポットになっています。

『蔵王酪農センター』へのアクセス

A post shared by Yuka Hasegawa (@hasegawa83) on

 

『蔵王酪農センター』は、蔵王連峰の裾にあります。とても自然豊かな場所です。『蔵王酪農センター』へは、JR東北新幹線「白石蔵王駅」下車後、ミヤコ―バス「宮城蔵王ロイヤルホテル行き」に乗車して「遠刈田温泉」で降ります。そこから徒歩約5分です。

入場料はないが手作り体験は有料

『蔵王酪農センター』には入場料は存在しません。ただし、各種体験イベントに参加する際には、それに応じた費用がかかります。「手作り体験館」という施設があって、ここでは、チーズやアイスクリーム、ソーセージなどを作ることができます。何を作るかによって、金額が変わってきます。

一日中楽しめるスポットが満載

A post shared by シ (@alumedta) on

 

『蔵王酪農センター』には、色々な楽しめるスポットがあります。たとえば、動物たちとの触れ合いができる「ハートランド」や、前述したチーズやアイスなどの手作りができる「手作り体験館」、取れたての乳製品を使った新鮮な料理が食べられるレストラン、それにパン屋があります。他にも、チーズ工場やバラ園などがあって、一日中いても飽きないスポットになっています。

A post shared by @___k_e_i.c._ on

 

「ハートランド」では、羊、ヤギ、ウサギなどの動物と触れ合うことが可能です。ここでは、可愛い動物たちと思い出の写真を撮る人が多いです。「チーズ工場」で作られた様々な乳製品を買えるショップもあります。とにかく新鮮な商品ばかりで、たくさんお土産を買って帰る人が多いです。

A post shared by M.Idogawa (@m.idogawa) on

 

チーズ工場の隣には、「手作りパン・ケーキ蔵王牧場」があります。ここでは、毎日パンやケーキを焼いています。なかでも人気なのは、チーズタルトやチーズスティックなど、工場で作られた新鮮なチーズを使ったものです。チーズソフトクリームも人気です。これを持ってセンターを歩く人を良く見ます。

A post shared by matu9588 (@matu9597) on

 

バラ園では、イングリッシュローズやオールドローズを始めとした約400種類のバラが集まっています。入場料はかかりません。バラ園にはベンチがあって、ここに座ってバラを観ながら、先ほどのソフトクリームを食べる人も多いです。

A post shared by @acchanchi on

 

「手作り体験館」では、カテッジチーズ(500円)、マスカルポーネチーズ(1500円)、バター(500円)、ソーセージ(1300円)、アイス(800円)の手作り体験が実施されています。()内の数字は、体験にかかる費用です。体験するためには、一週間前までの予約が必須となっています。自分で作ったチーズやソーセージは、その場で食べることができます。やはり自分で作ったチーズは、格別の味に感じられます。

ぜひ予約をして体験してみましょう。

INFORMATION

名称 蔵王酪農センター
所在地 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉七日原251-4
電話番号 0224-34-3311
公式URL www.zao-cheese.or.jp/
GOOGLE MAP