「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」は、もともと日本で初めての地下水族館として開館されました。しかし、東日本大震災によって全壊してしまいました。魚博士として有名な「さかなクン」を始めとして、全国からのたくさんの支援を受けて2016年4月に見事再オープンされました。以前よりもパワーアップして帰って来た「もぐらんぴあ」は、再開から多くのファンを獲得しています。遠方から訪れる観光客も多いです。

「もぐらんぴあ」へのアクセス

A post shared by 柚 (@yuzu_t.a.r.o) on

久慈湾の海沿いに建っている「久慈地下水族科学館もぐらんぴあ」。ここへのアクセスは、JR久慈駅から車で約20分ほどです。特に夏休みなど行楽シーズンには、このもぐらんぴあを始めとして、小袖海岸など久慈の名物スポットを廻る観光バス「ねまーる号」が走ります。こちらの利用もおすすめです。

 

さかなクンやたくさんの魚たちがお出迎え!

A post shared by @mikina.ta on

地下1~5階の水族館です。さかなクンのコーナーや防災展示室、展望台があります。200種3,000匹の海の生物が展示されています。特徴的なのは、トンネルの水槽です。アーチ型の水槽の四方八方に、たくさんの魚が泳いでいます。東日本大震災を生き延びたというアオウミガメの「かめ吉」も優雅に頭上を通り過ぎていきます。

A post shared by いとう (@nisssi013) on

 

久慈の海水槽では海女さんとおしゃべりできる!

再オープン後に加わった新たな展示が、「久慈の海水槽」です。久慈近辺の三陸の海を再現した水槽です。高さ2.6mという大型のものになっています。土日祝には、ドラマの「あまちゃん」でも注目を集めた北限の海女さんの潜水が実演されます。これが非常に人気のイベントになっています。

A post shared by Takako Sasaki (@taka100217) on

海女さんは潜水を見せてくれるだけではなくて、水槽に入ったまま質問に答えるというサービスもしてくれます。当然、しゃべることができないのでお絵かきボードを使ってやりとりします。コミカルなコミュニケーションになって、場内は笑いに包まれます。

A post shared by ゆき (@yuki.ch.i) on

「もぐらんぴあ」では、ホヤを始めとする三陸の生物や、日本だけではない世界の魚たちも鑑賞できます。

 

魚たちといっぱい触れ合える!

A post shared by じゅな (@anjuna04) on

魚たちと触れ合うことができる企画も開催されています。エサやりは特に人気です。話題のドクターフィッシュもあって、足を水槽に入れると、無数の魚たちがつるつるになるまで角質を食べてくれます。自然のピーリングを体験したいという人におすすめです。

そのままずばりの「ふれあい水槽」というものも用意されています。水槽に直接手を入れて、魚たちにエサやりをします。タッチプールでは、ヒトデやナマコに直に触れることができます。興味がある勇敢な子どもにおすすめです。

INFORMATION

名称 久慈地下水族科学館もぐらんぴあ
所在地 岩手県久慈市侍浜町麦生1−43−7
電話番号 0194-75-3551
公式URL http://www.moguranpia.com/
GOOGLE MAP