魚介

【宮城県塩竈市】マグロ水揚げ日本一の「塩釜水産物仲卸市場」!マイ海鮮丼はわがまま放題

海鮮丼

宮城県塩竈(しおがま)市は日本でも有名な港町です。塩竈市には、日本一が3つあると知られています。その3つとは、マグロの水揚げ量、練り物の工場数、人口に対する寿司屋の数、です。このような水産都市としての性格が、塩竈市の特徴です。

特に港町の代表的なスポットとなっているのが、「塩釜水産物仲卸市場」です。5000㎡に及ぶ広いスペースに、140以上の店舗が軒を連ねています。市民の台所として、長年親しまれています。観光客も多く訪れています。

この市場の魅力は、ただ安く新鮮な魚が買えるだけではなくて、その場で食べられることです。食事処が充実しているのも、人気の理由です。

冬の寒い時期には、鍋祭りを開催していて、再び注目したいスポットです。今回は、この漁港を代表するスポットである「塩釜水産物仲卸市場」について、さらに掘り下げていきます。

マイ海鮮丼が大人気

View this post on Instagram

A post shared by 大橋 日登美 (@mitohi51)

「塩釜水産物仲卸市場」の歴史は昭和41年に始まりました。2011年には、東日本大震災による津波の影響で、営業停止を強いられました。しかし、今では営業が再開されて、再びかつての盛況を取り戻しています。

やはり、「塩釜水産物仲卸市場」の魅力は、その場でさばいたばかりの新鮮な魚を堪能できることです。なかでも観光客に人気なのは、マイ海鮮丼です。

マイ海鮮丼コーナー実施時間

  • 平日:午前6時30分~12時
  • 土日祝:午前6時30分~13時
  • 定休日:水曜日

マイ海鮮丼コーナーでは、まず、ごはんセット (ご飯・味噌汁)を300円で購入します。市場で買ったものを、自由にのせてオリジナルの海鮮丼にすることができます。

コーナーには、「自由焼炉」が置かれています。海鮮丼にするだけではなくて、市場で購入した魚介をここで自分で焼いて食べることもできます。

このコーナーの魅力は、やはり自分の好みを忠実に再現できることです。市場を廻って、自分の好きなお店から好きな魚を好きな量だけ買って、味わうことが可能です。

マイ海鮮丼のために小分けして売ってくれる

普通は、刺身を買うときは、パックごとになることが多いです。しかし、この「塩釜水産物仲卸市場」では、こういったマイ海鮮丼コーナーがあることを、お店の人も皆知っています。

そのため、パックごとではなくて自分の好きな分だけ小分けしてくれます。たとえば、マグロなら赤身と中トロを混ぜたものをオーダーすることもできます。

赤貝やホタテ貝といった貝類であれば、海鮮丼にのせられるように、殻を割ってくれます。エビなら、殻をむいてくれるサービスもあります。このような良心的な雰囲気が、観光客から人気を集める理由にもなっています。

View this post on Instagram

A post shared by konuts (@konuts)

冬には暖かい鍋やあら汁を味わおう

View this post on Instagram

A post shared by Noriaki Mamiya (@enzo_mamiya)

「塩釜水産物仲卸市場」では、冬には日曜朝市鍋祭りを行うなど、イベントが充実しています。この鍋祭りのときには、一杯100円で贅沢なかに汁が提供されます。限定の牡蠣汁が出ることもあります。

「海鮮屋台どっとや」という食事処では、まぐろのあら汁が振舞われていて、これが絶品だと評判を集めています。

10月のどっと祭りは大盛況

View this post on Instagram

A post shared by Tomo Sasa (@tomo_89)

「塩釜水産物仲卸市場」の数あるイベントのなかでも、最も盛況を集めるのが、このどっと祭りです。数々の屋台が建ち並び、マグロの解体ショーや模擬セリ体験が行われています。このどっと祭りに合わせて訪問するのもおすすめです。

マグロ水揚げ日本一の「塩釜水産物仲卸市場」についてまとめ

View this post on Instagram

A post shared by 行くぜ、東北。/JR東日本 (@ikuzetohoku_official)

市場というだけあって、やはりどの水産物もとてもリーズナブルです。新鮮なイクラが1パック1000円ほどで売られていたり、名物のマグロは大盛り中落ちが300円という破格で置かれていることも。

味は絶品の一言です。ウニは口に入れた瞬間にとろけます。イクラは皮が柔らかくて質の高さを感じられます。マグロは日本一というだけはあるな、というレベルです。

ぜひ一度、オリジナルのマイ海鮮丼を作って、塩竈の海の幸を思う存分、わがまま放題に満喫しましょう。

View this post on Instagram

A post shared by Toshiki Seino (@toshiki_seino)

INFORMATION

名称 塩釜水産物仲卸市場
所在地 宮城県塩竈市新浜町一丁目20番74号
電話番号 022-362-5518
公式URL http://www.nakaoroshi.or.jp/
GOOGLE MAP

sugar

投稿者の記事一覧

観光が大好きなwebライター。ご当地グルメの探求に専心中。最近は饅頭、団子など和菓子の名店をリサーチしております。デパ地下めぐりが日課。

関連記事

  1. 【山形県】戦国武将 織田信長と山形の関係とは?貴重な肖像画や信長…
  2. 秋田と山形にまたがる日本百景の一つ《鳥海山》は景観と伝説の宝箱!…
  3. 【岩手県】戊辰戦争と奥羽越列藩同盟、盛岡藩と一関藩の事情と決断と…
  4. 【秋田】自然を満喫!おすすめのドライブコース4選!
  5. 【秋田】知られざる夜桜の名所?仏跡の残る「勢至公園」を散策
  6. 【宮城】日本初の産金地にある桜の名所!涌谷城跡(城山公園)
  7. 【福島県会津】会津土産は地元民にも愛される銘菓がオススメ!
  8. 【福島県】NHK朝ドラ「エール」のモデルとなった福島市出身の音楽…

ピックアップ

  1. カスタードプリンのようなお酒

ランダムピックアップ

  1. 台地の湧き水を池に取り入れている
  2. 富沢遺跡
  3. 国立新美術館
  4. 千日餅
  5. 秋田犬
  6. なまはげ柴灯まつり
  7. コッペパン
  8. おはよう靴下
PAGE TOP