郷土料理

【福島県郡山市】日本三大饅頭の一つ、「柏屋の薄皮饅頭」と「朝茶会」とは?

福島県郡山市に本店を置く柏屋は、県内外に名を知られる老舗和菓子店です。

お菓子のおいしさはさることながら、おいしいお菓子で人を喜ばせたいと様々な取り組みに挑戦する姿から、地元から愛される菓子店として確固たる地位を築いてきました。

今回は柏屋の紹介と、柏屋が主催する朝茶会の取り組みについて紹介します。

地域密着型のお店ならではの人と人とをつなぐあたたかい取り組みに、魅力を感じてもらえたらと思います。


郡山市に銘菓あり 歴史ある柏屋の薄皮饅頭

福島県郡山市に本店を置く柏屋は、1852年に創業した老舗和菓子店です。

1852年を和暦で表すと、嘉永5年。アメリカ合衆国海軍のペリーが横須賀市沖に黒船で来航したのが嘉永6年の出来事と考えると、その歴史の深さを一層感じられるのではないでしょうか。


柏屋の代名詞といえば「薄皮饅頭」

柏屋の「薄皮饅頭」は日本三大饅頭の1つに数えられています。

その昔、奥州街道に多くの旅人が行き交っていた時代、現在の郡山市は交通の要所として宿駅(郡山宿)が置かれていました。

旅人の間で薄皮饅頭のおいしさは話題となり、薄皮饅頭を食べるためにわざわざ訪れる人が出るほどの人気商品となっていったそうです。

古くは旅人たちの疲れを癒していた薄皮饅頭ですが、現代でも人気は衰えていません。

地元っ子に「福島のお土産といえば?」と問えば高確率で名があがるほど、間違いないお菓子の代名詞として親しまれています。仏事のお供えやかしこまりすぎない贈答品、来客時のお茶請けなど、日常的に口にされる存在が「柏屋の薄皮饅頭」です。

薄皮饅頭の特徴は名前の通り、薄くもっちりとした皮。

うっすらとした皮の中には、上品な口どけのこしあんが、どっしりと重みを感じるほど包まれており、素朴な見た目を裏切る特別感は、まさに「日常の贅沢」を体現しているかのよう。

渋茶やコーヒーにも、牛乳にも合う味です。

近年では薄皮饅頭にも新しいラインナップが登場。ひと口サイズのこじんまりとした薄皮饅頭や、香り高い抹茶がふんだんに使われた薄皮饅頭など、現代風にアレンジされた商品が販売され、新たな薄皮饅頭の歴史を刻み始めました。


人に喜ばれるお菓子を作る、初代から変わらない柏屋の精神

創業から170年以上の歴史をもつ柏屋ですが、時代のニーズに合わせて変えてきたものと、逆に変えずに守り続けているものがあります。

変えずに受け継ぎ続けているものの1つが、お菓子作りに対する理念です。

人を喜ばせたいと願う「まごころ」と、職人としての技術へのプライドを守っていこう。その思いは、初代当主の言葉に表れています。

創業まもない頃、旅姿の一人の男が柏屋を訪ねてきた。

旅人は上州(今の群馬県)のお菓子屋で、ある日、富山の薬売りが来て饅頭を食べたところ、 郡山の薄皮饅頭とは比べ物にならない・・・と言われたとか。

そこで、薄皮饅頭の作り方を丁寧に教えて差し上げたが、1年ほどしてまたやって来た。

「まだ、うまくできません。」

「上州の。お前さんは餡を何で包むんですか?」

「教えの通り、あのようにして作った皮で包んでいるのですが・・・」

「ああ、それだからおいしい饅頭ができないんだ。まごころで包まないとお客様に喜んでいただけない。」

上州のお菓子屋は、この一言に大変感動し、何度もうなづきながら帰って行った。

 

引用元(柏屋公式HP|柏屋誕生ものがたり https://www.usukawa.co.jp/about_us/birth_story/

初代当主のこのエピソードには、柏屋のお菓子作りへの姿勢がよく表されています。口にした人を笑顔にすることを目指し、柏屋はおいしいお菓子を作り続けました。

そして先代となる4代目当主の時代に、より多くの人に饅頭を楽しんでもらうためにと始まった取り組みの1つが「朝茶会」です。


ひとりでも多くの人にお菓子を楽しんでもらうために、柏屋が続ける「朝茶会」

郡山駅前アーケードの一角に店を構える柏屋本店

「朝茶会」とは、お菓子やお茶、そして会話を楽しむ交流の場として始まりました。

昭和49年に始まり、1月を除く毎月1日に開催。コロナ禍でお休みしていた時期もありましたが、2023年7月から再開されました。

参加費はなんと「無料」。

その代わり、参加条件として元気な挨拶ができることを掲げています。

そのため会場となる柏屋本店の2階には、「おはようございます!」「いってきます!」と、スタッフさんや参加者のハツラツとした声が飛び交います。

「朝茶会」でふるまわれるお菓子は、出来立ての手作り薄皮饅頭と季節のお菓子。

通常販売されている薄皮饅頭は機械で生産されていますが、朝茶会でふるまうものは、技法を受け継ぐ職人さんが1つ1つ丁寧に仕上げたものになります。

お菓子と共に出されるお茶も、スタッフの方が丁寧に注いでくれて、まさに至れり尽くせり。

職人手作りの薄皮饅頭は、限定店舗でのみ販売されるレア商品

おいしいお菓子やお茶で気持ちが和らげば、会話もいっそう弾み、あっという間に時間が過ぎてしまいそうですね。

毎月の開催を楽しみにするリピーターさんも多くいるそうです。

おいしいお菓子を無料で味わえるお得感も素晴らしいですが、この場でしか得られないつながりも特別なもの、ぜひ時間を作って訪れてみてはいかがでしょうか。

また1階の店舗では、定番商品の販売のほか、「朝茶会」の日限定スイーツの販売があることも。

「朝茶会」の余韻に浸りながら、おやつやお土産を選んでみるのもおすすめです。


まとめ

今回は福島県郡山市の老舗菓子店「柏屋」と、柏屋が毎月1日に開催する交流の場「朝茶会」を紹介しました。

甘いものを食べると心がほころぶとよく言います。朝茶会に参加すると、おいしいお菓子の魅力、そして誰かと一緒に食べることでお菓子は何倍もおいしくなるということを再確認できるかもしれません。

歴代当主が目指した夢に思いを馳せ、ここでしか得られない特別な出会いを求めて、参加してみてはいかがでしょうか。

きっと一か月のスタートを気持ちよく切ることができますよ。

INFORMATION

  • 店舗名:柏屋本店
  • 所在地:福島県郡山市中町11-8
  • 電話番号:0242-85-8344
  • 営業時間:10:00~19:00
  • URL:柏屋
  • 朝茶会:1月を除く毎月1日6:00~8:00開催

GOOGLE MAP


motohal

投稿者の記事一覧

30代女性/福島県/地域・グルメ・女性ライフスタイル等の執筆を手がけるライター

関連記事

  1. 野口英世像 【福島県猪苗代】「野口英世記念館」の精巧なロボットが話題!楽しく…
  2. 「最上川千本だんご」いちごとティラミス 【山形県】『最上川千本だんご』とは?賞味期限1日限りの絶品和スイ…
  3. 【宮城県県北】「宮城県(県北エリア)のクラフトビール、個性豊かな…
  4. 絶品喜多方ラーメンに舌鼓!福島県の人気ラーメン店を一挙紹介!
  5. 秋田の冬のシンボル「ハタハタ」
  6. 【青森県八戸市】八戸の魚介を楽しむなら八食センターへ!観て触れて…
  7. 仙台で人気のパンケーキ店、集めてみました!
  8. 【秋田県】はたはた寿司とは?美味しい時期から作り方まで詳しくご紹…

ピックアップ

  1. 横山不動尊の山門
  2. ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所

ランダムピックアップ

  1. オガール紫波
  2. こどもの国 観覧車
  3. ホッキョクグマ
PAGE TOP