美術館

美しくも面白い芸術の数々!?ザ・ミュージアムMATSUSHIMA

オルゴールコレクション

ザ・ミュージアム外観

ザ・ミュージアムMATSUHIMAは松島町にあるオルゴールをはじめとした美しくも面白い展示物を所蔵する博物館です。

かつて松島には「松島オルゴール博物館」という世界のオルゴールを数多く展示した博物館がありました。
オルゴール博物館は、2008年「ベルギーオルゲールミュージアム」としてリニューアルされ、観光客にも大人気の施設でした。
そんな新たな出発があってから間もない、2011年3月11日。
東日本大震災が発生。
海岸にある町、松島は津波による甚大な被害を受けることになります。
オルゴール博物館もまた、その被害から逃れることはできず、同年閉館が決定。
閉館を悲しむ声が県内外から上がりました。

しかし、あれから5年。
2016年9月、県からの助成金を受け、オルゴール博物館は「ザ・ミュージアムMATSUSHIMA」として新たに生まれ変わったのです!
生まれ変わったザ・ミュージアムは、オルゴールだけではなく「おもちゃコレクター」として知られる北原照久さんの「トイコレクション」や、パリ・オートクチュール黄金時代のドレスを展示した「瀬川モードコレクション」の3つのコレクションを楽しめる施設としてパワーアップ。

この記事では、そんな「ザ・ミュージアムMATSUSHIMA」の魅力をご紹介します!

北原トイコレクション

入館して最初にお目に掛かるのは北原トイコレクション。
「開運!なんでも鑑定団」でおなじみのおもちゃの鑑定士、北原照久さんが所有する、モーションディスプレイ、ブリキ玩具、セルロイド玩具など、さまざまな世界のおもちゃが展示されています。

北原トイコレクション

中でも注目して欲しいのはモーションディスプレイ。
これは正確に言うと玩具ではなく、1925~1955年頃にかけて、アメリカで実際に使用されていた店舗の集客用ディスプレイです。
その名の通り、モーション(動作)をするのが特徴。
決まった動きを繰り返すだけですが、その動きは細やかで当時の精巧な技術を見て取ることができます。

市販されたものではなくリースだったので、全て非売品。
そのため、数も少なく貴重な展示品になります。

電動で一定の動作を繰り返すオブジェは当時の人々からすると珍しく、つい立ち止まって見入ってしまうのかもしれませんね。
展示されているモーションディスプレイは、1時間に1回、実際の動きを見ることができます。
展示場所毎にローテーションで動くので、少し待てば動いてるところを見ることができるので、いつ来ても安心です!

オルゴールコレクション

階段を上ると、たくさんのオルゴールがあなたを待っています。
そう、旧松島オルゴール博物館で活躍していたオルゴール達が、震災を乗り越え、再び音楽を奏る術を取り戻したのです。

オルゴールコレクション

オルゴールの歴史を垣間見ることができる「オルゴールの小道」も素敵ですが、目玉は何と言ってもコンサートホール。
そこでは、1時間に1回さまざまなオルゴールによる演奏会が行われます。
中でも注目したいのは、高さ7m、幅9mを誇る世界最大級のオルゴール。
私たちが想像するオルゴールの域を遥かに超える圧倒的音圧は、まるでオーケストラを聴いているよう。
コンサートオルガンと称されるに価する、素晴らしい芸術品です。

震災被害から修復され、再び命を吹き込まれたオルゴール達に想いを馳せながら、ひととき、音に包まれてみてはいかがでしょうか。

瀬川モードコレクション

最後に展示されているのは、美しいドレスの歴史。
パリ・オートクチュール黄金時代にデザインされた、高級仕立服が堪能できます。

瀬川モードコレクション

オートクチュールとは高級仕立服のこと。
ザ・ミュージアムに展示されるドレスは、1870~1960年代というオートクチュール全盛の時代に製作された、有名デザイナーによる貴重な作品です。
年代毎に並べられているので、美しさだけでなく、流行の移ろいも鑑賞するのも楽しみ方のひとつ。
デザイナーによるデザインと職人による丁寧な仕立てを是非堪能してみてください。

ミュージアムショップとミュージアムカフェ

ザ・ミュージアムMATSUSHIMAには、ショップやカフェも併設されています。

ミュージアムカフェでは薪火焙煎という珍しい焙煎方法で作られた豊かな珈琲をはじめ、スイーツや軽食、ランチまで楽しむことができます。
ミュージアムで鑑賞したことを語らいながら、休憩するのも楽しいですよ!

ミュージアムカフェ

ミュージアムショップではオルゴールだけでなく、ブリキのおもちゃやスタジオジブリのキャラクターグッズまで販売しています。
また、宮城の特産品や宮城の革製品製作会社サムライクラフトの革製品も購入することが可能です。

ミュージアムカフェ

どちらも入場料を支払わずとも入場できるので、松島観光に疲れた方や一風変わったお土産を購入したい方にもオススメですよ。
「ザ・ミュージアムMATSUSHIMA」は松島海岸駅から徒歩で観光スポットを巡ると一番最後にたどり着く施設です。
景観や歴史的施設とはまた違った松島の魅力を知りたい方は、是非お訪ねください!

INFORMATION

名称ザ・ミュージアムMATSUSHIMA
所在地松島町松島字普賢堂33-3
電話番号022-355-0656
公式URLhttp://www.t-museum.jp/
GOOGLE MAP

ちもん

投稿者の記事一覧

旅と笑いをこよなく愛する薄毛ライター。
髪を剃ることで薄毛を隠すナイスガイ!
文章で東北を笑顔にするために、北へ南へ走り回ります!

関連記事

  1. 【福島】気軽にタイムトリップ。天気の良い日は福島市民家園にでかけ…
  2. アンパンマンの門松 仙台初売りがヤバイ!正月2日は仙台で豪華福袋をゲットしよう!
  3. 【岩手県盛岡市】盛岡手づくり村は一流の職人が集結!伝統工芸品づく…
  4. 千秋公園 秋田市随一の桜の名所「千秋公園」
  5. みちのく公園 宮城の隠れた名所、柴田郡の親子で楽しめるスポット5選
  6. 【宮城県仙台市】仙台駅前で「せんべろ」できるお店5選!
  7. 【福島】宇宙人に会いたければ福島へ!? 飯野町の名物はUFOです…
  8. F-4戦闘機 【青森県三沢市】「三沢航空科学館」は希少な航空機が勢ぞろい!エア…

ピックアップ

  1. 開山堂

ランダムピックアップ

PAGE TOP