大正ロマン漂う人気温泉地、銀山温泉。

山形空港から車で一時間程の距離に位置する銀山温泉(尾花沢市)は多数の温泉地がある山形県の中でも特に人気のある温泉のひとつです。名前の由来は江戸時代にさかのぼり、当時大銀山として栄えた「延沢銀山」からきています。TVドラマ「おしん」の舞台となったことでも有名で、今でも大正浪漫漂う街並みを見ることができます。

銀山温泉
(C)Yamagata Pref.

季節により様々な顔を見せる街並み。

春夏秋冬、それぞれに素晴らしい景観を目にすることができますが、この温泉地が一番ロマンティックに見えるのは冬です。山間部のため、雪深く寒い季節にはなりますが、温泉街に灯るガス灯は暖かな風合いを醸し出し、雪の銀世界をどこか懐かしい景色にしてくれます。車両が走ることはできないので、宿泊客は旅館の駐車場に車を止めて温泉街を徒歩で散策することになりますが、車の往来がない分のんびりと散策することができます。

温泉街には古くからある旅館はもちろん、食事処、土産物屋、共同浴場や足湯もあり、散策の合間に休憩がてら利用することもできます。 建物は三層四層の木造バルコニー建築で、どこか懐かしい、昔ながらの雰囲気を醸し出しています。行きやすい場所というわけではありませんが、山間にあるからこそ四季を感じられる温泉地となっています。

INFORMATION

名称 銀山温泉
所在地 〒999-4333 山形県尾花沢市銀山新畑地内
電話番号 0237-22-1111
公式URL http://www.ginzanonsen.jp/
GOOGLE MAP