今も活動が観測され続けている活火山

安達太良山は、古くは万葉集や高村光太郎の「智恵子抄」にも登場し、多くの人々に愛されてきた福島県の活火山です。磐梯朝日国立公園内の南側に位置しており、日本百名山やうつくしま百名山などにも選定されています。水蒸気噴火がおよそ100年前に観測されており、平成に入ってからも火山ガスの発生や地熱活動の活発化の影響で常時観測が行われています。

安達太良山
Photo by Chuusan777 – 安達太良山)(2014) / Size-adapted.

比較的なだらかな山肌で、登山初心者にも薦められる山です。
安達太良山は標高1700mあり、これを中心に複数の峰が約9kmに渡って連なっています。登ってみると火口や岩肌などと変化に富んでおり、花や植物の群生を楽しむことができます。なにより山頂からの景色が絶景で、360度パノラマの景色が登山者の目を楽しませています。奥岳登山口、塩沢登山口、石筵登山口、野地温泉登山口、横向温泉登山口などの入下山口があり、さらにここからのコースが複数あります。全ての入下山口付近に塩沢温泉、岳温泉、沼尻温泉、奥岳温泉、野地温泉、横向温泉などの温泉場があります。登山で疲れた体を癒すことができ、人気です。

あだたら渓谷自然遊歩道も人気で、安達太良山稜線の直下に源を持っており、原瀬川の上流の通称烏川にそって標高約950~1,000mあたりの流域にあります。全長はおよそ1kmほど、所要時間は1時間ほどです。

登山コースの中には、ロープウェイのあるコースがあるため、初心者や風景のみ楽しみたい人も気軽に訪れることができます。紅葉の季節が人気で、特別便が出るほどです。赤や黄色に色づいた木々があたかも絨毯の様です。紅葉のピークは山頂付近で9月下旬から始まり、11月上旬までかけて麓までゆっくりと下りてきます。

他にも、春から夏にかけては高山植物が楽しめ、冬にはあだたら高原スキー場でスキーを楽しむことができます。年間通して観光客が訪れる、県内では磐梯山と並んで最も訪れる人の多い山となっています。

INFORMATION

名称 安達太良山
所在地 福島県二本松市
電話番号
公式URL
GOOGLE MAP