高畠町は、山形県の南部に位置し、古くから稲作をはじめ、ぶどうやラ・フランスなどの農業が盛んな町です。
デラウェア品種については、市町村単位では全国一の出荷数を誇る、ぶどうの産地です。
高畠ワイナリーは、山形県産のぶどうを原料とするワインを製造するワイナリーとして、平成2年に創業しました。
気候や気温、土壌や地形などが、ぶどうの栽培とワインの醸造の両方に適している地域は、北緯30~50度と南緯20~40度に集まっており、ワインベルトと呼ばれます。
高畠ワイナリーは北緯38度に位置し、アメリカの高級ワイン銘醸地のナパバレー、ギリシャ等と同じ緯度上にあります。ワイナリーとして恵まれた、自然豊かな豊穣の地にあるといえます。

高幡ワイナリー
Photo by Ellerad正面・醸造所部分 / Size-adapted.

まほろばの里、高畠のワイン工場

高畠ワイナリーは観光も楽しめるワイナリーを目指しており、工場でワインの製造工程を見学することができます。
また、ピノ・ノワール種のぶどうを栽培している試験農場も見学できます。

落ち着いた雰囲気のワイナリーショップでは、ショップ限定のオリジナルワインはもちろん、ビンテージワインや、焼酎や純米酒なども販売しています。
また、ワイン醸造用ぶどうを使ったジュース、ワインに合うチーズやハム、オリジナルグッズなども揃えています。

季節ごとのイベントも開催しており、特に毎年10月上旬に開催される秋の収穫祭が人気です。
ワインバーやフードコート、人気ミュージシャンらのライブなどで、一年で一番のにぎわいを見せます。

ゴールデンウィークに行われるスプリングフェスタは、花の寄せ植えコンテストがあるなど、ワインが苦手な人にも楽しめる内容です。
お盆の帰省時季には、串焼きフェスタ、肉祭り、ふるさとフェアを開催。山形牛の串焼きや米沢牛のステーキなど、毎回テーマを絞って山形のグルメとワインが楽しめます。
また、9月には、山形県の秋の風物詩である芋煮会を高畠ワイナリーでも開催し、芋煮とワインを楽しむことができます。
牛肉と醤油がベースの山形県内陸風の芋煮、豚肉と味噌がベースの庄内風の芋煮のほか、秋の味覚が満載です。

INFORMATION

名称 高畠ワイナリー
所在地 〒999-2176 山形県東置賜郡高畠町大字糠野目2700-1
電話番号 0238-40-1840
公式URL https://www.takahata-winery.jp/index.asp
GOOGLE MAP