東京都にある国立新美術館は来館者数日本で第一位を誇る非常に大きな美術館です。
黒川紀章が設計したウェーブしたような形のガラス張りの建物が特徴です。
館内にはガラスの壁から柔らかい太陽光が降り注ぎ、閉塞感のない、開放的な空間を演出しています。
ウェーブしたガラスが作りだす光と影のコントラストは美しく、建物自体が圧倒的なスケールの美術品として来館者を楽しませてくれます。
廊下や壁面の木の壁からは、コンクリートとは違う印象を感じることができます。
このように、建物そのものが芸術的で高い評価を得ており、海外からも多くの来館者が訪れています。

毎年100万人以上の来館者数を誇る日本でも最大規模の美術館

国立新美術館
Photo by Dick Thomas Johnson – The National Art Center Tokyo 国立新美術館 / Size-adapted.

国立新美術館は、他の美術館のように独自の美術品を所蔵して通常展示をしながら企画展をするというスタイルではなく、所蔵作品は持たずに企画展などを行う、巨大なギャラリーのような新しいタイプの美術館です。
その国内最大級の展示スペースを活かして、企画展や公募展など最大で10を超える展覧会が同時並行で開催され、多くの人から好評を得ています。
また、展覧会のカタログや美術に関する情報や資料の収集、公開、提供、その教育などをアートライブラリとして提供する活動も行っており、今までにない美術館として注目を集めています。

コンセプトが森の中の美術館と言うだけあって、芝生や緑の広がる自然を楽しめる美しい公園も魅力です。
建物内にはカフェも併設され、芸術を楽しみながらゆっくりとくつろげる安らぎの場としても親しまれています。

INFORMATION

名称 国立新美術館
所在地 〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
電話番号 03-5777-8600
公式URL http://www.nact.jp/
GOOGLE MAP