福島さくら遊学舎

日本が世界に誇るエンターテイメント文化の代表と言えば、オタクカルチャー。
そんなオタクカルチャーに多大なる影響を与え、今なお新作が作られ続けている作品と言えば、新世紀エヴァンゲリオンです。

福島県田村郡三春町に、そのエヴァンゲリオンに関連したアニメ製作会社があることをご存じでしょうか?
エヴァの製作会社ガイナックス(現在、権利はカラーが所有しています)の子会社である福島ガイナックス。
今回は、そんな福島ガイナックスが運営するアニメミュージアムをご紹介します!

 

ガイナックスって何?

ガイナックスは、かつて新世紀エヴァンゲリオンを製作したアニメ製作会社。
社名の由来は鳥取県、島根県の方言で「大きい・凄い」を意味する「がいな」に「X」をつけたものということです。

1984年に岡田斗司夫氏を中心に設立。
「エヴァンゲリオン」「シンゴジラ」で有名な庵野秀明氏や、「プリンセスメーカー」の赤井孝美氏を擁し、「トップをねらえ!」や「ふしぎの海のナディア」など、当時のオタク達に数々の影響を与えていった名作を世に産み出してきました。

カラー全盛の時代にあえて全編白黒のストーリーを製作したり、日本で最初で最後のOLA(オリジナルレーザーディスクアニメーション)、「炎の転校生」を製作するなど、試験的な作品にも挑戦し、一部界隈で話題になることもしばしば。

庵野監督が去ってからも、「天元突破グレンラガン」などの名作が製作されています。

2015年1月、子会社として福島県田村郡三春町の廃校を再利用して株式会社福島ガイナックスを設立。
アニメーション製作とミュージアムの運営を行っています。

 

空想とアートのミュージアム福島さくら遊学舎

「空想とアートのミュージアム福島さくら遊学舎」は、廃校になった旧三春町立桜中学校の校舎を再利用したアニメーションミュージアムです。

福島の震災復興のため、地元雇用の創出と観光拠点開発を目的としてオープンした福島さくら遊学舎。
その中では、アニメーション製作の流れを学びながらアニメーターの仕事を体感する事ができます。

常設展と企画展のスペースがあり、常設展では「アニメ製作現場の体験」と「アニメの複製原画の展示」が行われています。

 

ガイナックス流アニメ作法展で、アニメ製作現場を体験しよう!

常設展のメインは「ガイナックス流アニメ作法展」としてアニメの製作工程を追体験できる施設。
製作工程の体験と言っても、アニメーション製作チームをイメージしたコミカルな人物パネルを眺めていくだけなので、楽しみながら勉強できるのも嬉しいところ。

人物パネル
人物パネルが楽しそうにアニメ制作

しかも、このパネルには、もうひとつの楽しみ方があるのです。

一見、忙しそうでも楽しげな現場を表した人物パネル。
しかし、その裏を覗いてみると・・・?

人物パネル裏
楽しそうな裏側に本音が・・・!

ゲゲッ!
めちゃくちゃ大変そう!

そう、この人物パネル達には、文字通り裏があるのです!
笑えるくらい笑えないアニメーターの本当の姿を見て、子供達の将来の夢はどうなってしまうのでしょうか(笑)
まぁ建前と本音の両方を知る事ができるのも社会勉強!
笑いながら真の現場を学んでいきましょう!

ちなみに、作法展に使用される作品はあの「天元突破グレンラガン」!
複製原画も使われているので、見応えは抜群ですよ!

設定資料

 

アニメ原画展などの企画展やも人気!

常設展の他にも、定期的に企画展も実施しています。
人気アニメ作品の原画展をはじめ、特撮作品の歴史、猫の写真展など、アニメ以外の企画も豊富なので、公式ページで確認してみるのもいいでしょう!

また2階会場では大阪芸術大学の作品展示スペースもあるので、将来、大物になるであろうダイヤの原石を見つけてみるのも楽しいですよ!

 

INFORMATION

名称 空想とアートのミュージアム福島さくら遊学舎
所在地 福島県田村郡三春町大字鷹巣字瀬山213番地
電話番号 0247-61-6345
公式URL http://fukushimagainax.co.jp/
GOOGLE MAP