※イメージ

八戸一の人気スポットとなっているのが、「八食センター」です。郊外型の食品市場として知られています。全長170メートルにも及ぶ市場に、約60店舗が並んでいます。屋内型の市場としては国内最大級の規模となっています。八戸の魚介だけではなくて、お土産も地酒も何でも手に入ります。買った魚介をその場で焼いて食べることができる「七輪村」が人気です。八戸の食のテーマパークが、この八食センターです。

A post shared by higuchi (@crail.nosebone2) on

 

魚から肉からフルーツまで勢ぞろい

八食センターには、八戸港で水揚げされた魚介が集合しています。八戸だけではなくて、全国から珍しい魚介が取り寄せられています。普段見ることができない、バラエティーに富んだ魚たちを見て歩くのは、それだけで楽しいです。観光スポットとして人気があるのも頷けます。ウニやカキを味見したり、寿司を提供するお店もあります。魚の他にも、ブランド牛である「倉石牛」を扱う肉屋や、新鮮なフルーツを販売する青果店も。購入した食材は、全国に発送可能です。

A post shared by Hitoshi Ohana (@ohana8755) on

 

八戸の海中生物を鑑賞できる水槽も

A post shared by Hayami (@yumemisaki) on

八食水槽といって、八食センターでは八戸の海に住む生物を観られる場所もあります。平成27年8月から「八戸市水産科学館 マリエント」の協力を受けて、~八戸の海に住む生きものたち~というタイトルで、八戸の海に生息する魚の展示を始めています。大きな水槽の中で、10種類以上の魚たちが快活に泳いでいます。青森を代表する「トゲクリガニ」や「ナメタガレイ」、「マボヤ」「キタムラサキウニ」といったシーズン特有の生物も展示されています。週3回、エサやり体験も実施中です。

 

子どもが楽しめる施設を無料開放

A post shared by kyoko (@asiagohan.photo) on

八食センターは、子どもも楽しむことができるスポットとなっています。というのも、無料の施設が開放されているためです。たとえば、『くりやランド』では、子供用の乗り物やウォールクライミングが設置されています。第2・第4日曜日は絵本の読み聞かせ劇場もやっていて、これも人気です。『わんぱく広場』では、ちびっこたちが楽しめる遊具がたくさん置かれています。『いちばルーム』では、毎週日曜日に子ども向けの映画を上映しています。八食センターは大人だけではなくて、子どもも退屈することなく過ごせます。

 

多彩なイベントを開催

A post shared by hibiki komamine (@hbk0605) on

八食センターでは、色々なライブイベントが開催されています。たとえば、夏の風物詩となっている『八食サマーフリーライブ』や、プロの技が伝授される『八食料理道場』、マグロ解体ショーやお笑いライブも実施されています。

INFORMATION

名称 八食センター
住所 〒039-1161  青森県八戸市河原木字神才22-2
電話番号 0178-28-9311
URL http://www.849net.com/
GOOGLE MAP