毎年10~3月に旬を迎える松島の牡蠣。松島湾にそそぐ川が運ぶ豊富なミネラルをとっているため、ふっくらしながらも引き締まった栄養価が高いと評判なのです。
宮城県有数の観光地である松島には飲食店が立ち並んでいて、おいしい牡蠣を食べられますよ。
どんな風に食べられるのか、とっても気になりますね!

 

松島さかな市場「松島かきバーガー」

A post shared by Emily (@emilyemilyhan) on


市場自慢の産地直送の魚介類や珍味が揃う「松島さかな市場」には、食事処もあります。
ここの名物と言えば、松島産カキとベシャメルソースのコロッケがはさまれた「松島かきバーガー」。サクサクのクリームコロッケに舌鼓を打つこと間違いありません。
バンズにもこだわっていて、宮城県産の米粉が使われているのも特徴です。
ボリュームたっぷりであるにも関わらず、350円のリーズナブルな価格がうれしいですね。

INFORMATION

名称 松島さかな市場
住所 〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島普賢堂4−10
電話番号 022-353-2318
URL http://www.sakana-ichiba.co.jp/
GOOGLE MAP

 

パンセ松島店「牡蠣カレーパン」

A post shared by Masatoshi Oura (@masalog_me) on


歩きながら、カジュアルに牡蠣を楽しみたいという人におすすめなのは、松島玉手箱館の1階にある「パンセ松島店」。ここでは、三陸産の牡蠣が丸ごと1個入った「牡蠣カレーパン」を食べられます。他にも店舗はありますが、「牡蠣カレーパン」が食べられるのはここだけ!
300円で気軽に牡蠣を楽しめるので、行列ができていることも多いです。
カレーと牡蠣は意外と相性がよく、あっという間に完食するでしょう。
仙台名物・ずんだ餡入りのずんだメロンパンも好評です。

INFORMATION

名称 パン工房 pensee松島店
住所 〒981-0213 宮城県宮城郡松島町 松島字町内75−14
電話番号 022-353-2844
URL http://www.i-pensee.jp/
GOOGLE MAP

 

南部屋「生かき」


五大堂の近くにある「南部屋」は9から15時まで営業している、食事処。かつてはうなぎ屋だったため、現在もうな重をオーダーできます。
ここの人気メニューは殻付きの生かきが4つ入った「生かき」。大粒の牡蠣にうっとりしてしまいそうです。お好みに合わせてポン酢かカクテルソースをつけて楽しみましょう。
通年オーダーできますが、冬期は松島産カキを提供しています。
「生かき」は4個で1,000円ですが、3個750円にしてもらうこともできます。

INFORMATION

名称 南部屋食堂
住所 〒981-0213 宮城県宮城郡宮城郡松島町松島町内 松島町内103
電話番号 022-354-2624
URL http://www.nanbuya.co.jp/
GOOGLE MAP

 

ございんや「牡蠣ぷりん」

お腹がいっぱいになったところで、一風変わったデザートはいかがでしょうか。五大堂や松島湾を眺められる「松島蒲鉾本舗総本店」の2階にある、食事処「ございんや」。ここでは、冬期限定のかき鍋も評判ですが、「牡蠣ぷりん」も負けずに有名です。
ペースト状にした奥松島産牡蠣に生クリームや白ワインを加えて、蒸したプリンは上品な大人の味がします。クリーム色の見た目もキュートですよ。210円で購入できるので、いくつでも欲しくなっちゃいますね。

INFORMATION

名称 ございんや 旬 牡蛎庵
住所 宮城県宮城郡松島町松島町内120 松島蒲鉾本舗五大道店 3F
電話番号 022-354-4016
URL http://www.matsukama.jp/
GOOGLE MAP

 

まとめ

秋から冬にかけて、東北旅行の計画を考えている人は、ぜひ松島でベストシーズンの牡蠣を楽しみましょう。ミネラルたっぷりの牡蠣は、美容や健康にもいい作用をもたらしてくれるはずです。