宮城県石巻市の商工会議所青年部や、地元経済青年団体が中心となり、東日本大震災の犠牲になられた方々への追悼の思い、またこの大きな災害を世代を超えても正確に伝え、次の世代の犠牲を出さないとの強い思いから、東日本大震災より7年5ヶ月の月命日にあたる8 月11 日に、迎え火としてルミエムスカイランタンを飛ばすイベント「ココロの灯り」が開催されます。

 

スカイランタンとは


スカイランタンは、タイや中国のお祭りで打ち上げられる熱気球の一種で、コムロイや天灯(てんとう)とも呼ばれます。その柔らかく温かい明かりは「知恵」を象徴し、正道へ導かれるためのお布施として行う伝統があります。スカイランタンの発祥は今から770年前までさかのぼり、当時は通信手段として使われたと言われています。現在は無病息災を祈る民俗習價として 定着しており、メッセージを書き添えて天に祈りを届けています。ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」でも重要なシーンで登場することから、国内でもその知名度は少しずつ大きくなってきています。

今回使用されているルミエムとは蓄光材のことで、フランス語で「光・詩」を意味します。自然(バクテリア)によって炭酸ガスと水に変化する、環境に優しい「自然に帰る」もので、大空に放つことが可能です。上記の理由から、2015年3月、岩手県大槌町にて催された「東北震災追悼式」でも使用されています。

INFORMATION

名称 ココロの灯り
開催日 2017年8月11日(金)
時間 19:00 迎え火・灯籠のキャンドル点灯 1000 個
19:15 LED スカイランタン点灯  100 個
20:00 ルミエムスカイランタン打上  500 個
開催場所 宮城県石巻市雲雀野町一丁目(木村木材㈱ 雲雀野ヤード内)
お問い合わせ ココロの灯り実行委員会( 石巻商工会所青年部) 0225-22-0145
GOOGLE MAP