盛岡花火の祭典は、盛岡花火の祭典実行委員会が主催しています。長きにわたって、夏の風物詩になっています。岩手県盛岡では、最も大きい花火大会です。

 

盛岡花火の祭典2017の概要

A post shared by きびもか (@kibimocha) on

盛岡花火の祭典2017は、2017年8月11日に開催予定です。4部構成になっています。特に圧巻なのは、オープニングスターマイン※1です。総じて約10,000発の花火が打ち上がります。全国の花火師が制作した10号玉※2など、見所は盛りだくさんです。花火だけではなくて、乙部さんさ踊り・見中ソーラン隊・下永井獅子踊りといった魅力的なイベントも満載です。

A post shared by ueda (@taka_ga11ery) on

※1 スターマインは、仕掛花火の一種のことです。速射連発花火になっています。特に2号玉(約6cm)から4号玉(約14cm)を複数セットにして制作されます。速火線を使用して短時間にたくさん連発させます。最近では、制御にコンピュータを使うことが多いです。この場合、デジタルスターマインと呼ばれることもあります。

※2 10号玉は、直径約29.5cm・重さ約8.5kgです。尺玉(1尺玉)と呼ばれることも。東京タワーと同じくらいの高さ(約330m)まで打ち上がります。直径約320mまで炸裂します。

日程や時間、予想来場者数など

A post shared by じょう (@tomorrowjou) on

日程:2017年8月11日(金曜日)に開催予定です。小雨決行。荒天の場合は、8月12日に延期されます。
打ち上げ時間:19時25分~20時30分です。
場所:岩手県盛岡市手代森 都南大橋下
打ち上げ数:10,000発
予想来場者数:60,000人(2016年)

 

穴場情報

A post shared by Nobuyo❤️ (@nobutakaa) on

来場者も60,000人と、かなりの混雑が予想されます。なるべく静かに鑑賞したい、という人のために穴場情報を掲載します。盛岡花火の祭典は、近くに高層ビルなどはありません。遠くからでも障害物なく観られるのが特徴です。

1. 岩山展望台

展望台になっているので、花火鑑賞には絶好のスポットです。目の前に花火が打ち上がります。撮影スポットとしても最高なので、カメラを持っていくのがおすすめです。駐車場もあります。ファミリーでも安心して使える穴場です。

2. マリオス展望台

こちらも展望台です。会場から少し遠いのが難点。ただし、駅から近いのでアクセスは良好です。空調設備も整っているので、快適に花火を鑑賞できます。小さな子どもがいる家族にも最適です。

INFORMATION

名称 盛岡花火の祭典2017
住所 岩手県盛岡市(都南大橋下流河川敷)
電話番号 019-638-3399
URL http://www.ccimorioka.or.jp/hanabi/
GOOGLE MAP