フルーツ王国ともいわれる福島県ですが、その筆頭はやはり桃!
代表品種「あかつき」をはじめ、どれもこれもすごーく美味しいのです。
というわけで、是非味わいたい福島の桃加工品、それもちょっと珍しい品々をご紹介したいと思います。

 

見た目は梅?でも風味はしっかり桃してる!「ピチピチピーチ」(R) あぶくま食品


まずは、福島県産若桃の甘露煮「ピチピチピーチ」。
パッケージに「若桃には桃由来のセラミドがひと袋100gあたり5mg以上含まれております」との表記が。よし。若桃食べてピチピチに若返ってやる!
と鼻息荒く開封すれば、ころころ小さくて青梅みたい。こりゃ若いわ…。
早速ひとつ口にほおりこんだら、種はなくてぎゅわんとした心地良い歯ごたえの中からほのかに立ち上がる桃ならではの香りと味!
シロップ漬けながら甘さも程よく、これはくせになってしまいそう。

 

ありがちな桃サイダーとは別モノ。大人のための「黄金桃サイダー」JA全農福島


桃を使った美味しいドリンクといえばやはりとろりと濃厚な桃ジュース。桃サイダーというと、なんとなくキッチュなイメージがありません?
実際この「黄金桃サイダー」も、グラスに注げば桃果汁のような色合いで炭酸は弱め。なんとも頼りない雰囲気なのだけど、一口飲んでびっくり。
まろやかな甘さでマンゴーのような香りもある黄金桃ならではの風味が鮮やかに活きています。果汁20%らしいけど上手く出来てるわー。バカラのグラスでも似合うかも。これ。

 

うどん風にパスタ風、デザートにも使える美麗ヌードル「もも麺」 株式会社 蓬田


なんたって美しい麺なのです。よくみるとところどころ濃い色の粒が混じっていますがこれは桃の皮の色らしい。米を主原料とする麺に自家生産の桃をドライフルーツにして練りこんであるそうでほのかに桃の風味も残っています。


米麺らしいコシと喉ごしの良さは、ざるうどん風にすればもちろん、パスタ代わりに使っても映えるし、生の桃を添えた冷製パスタなんて素敵ですよぉ。そのほか蜜やクリームと合わせて甘味として味わうのもおすすめ。
小麦を使っていないので小麦アレルギーの人も食べられます。

 

これぞ真打ち!桃の冷菓。2017年新発売の「献上桃ソルベ」 桑折町産業振興課


桃の里・桑折町から今年5月にデビューした「献上桃ソルベ」。
桃果汁含有量が75%だとか、その桃は皇室に献上している「あかつき」だとか、いろいろと能書きはあるのですが、とりあえず食べてみればその凄さがわかります。


見た目は拍子抜けするほど真っ白の素っ気なさですが、舌の上でふうわり溶ければ凝縮された桃の風味が口いっぱいに広がって……
桃から創られて桃を超えたとすら思わせるこのソルベ。一食の価値ありです!

以上、ご紹介した桃加工品は、それぞれの製造元のほか、福島県観光物産館(福島)、日本橋ふくしま館(東京)、福島県八重洲観光交流館(東京)、またAmazonや楽天のショップでも購入できるものもあります。

INFORMATION

名称 コラッセふくしま 福島県観光物産館
住所 〒960-8053 福島県福島市三河南町1−20 コラッセふくしま 1F
電話番号 024-525-4031
URL http://www.tif.ne.jp/bussan/bussankan/
GOOGLE MAP