青森県津軽地方発祥の伝統芸能と言えば何といっても津軽三味線。テンポが速く、音数が多い音楽は軽快で、聞いているだけで気分が高まりますね。
そんな津軽三味線を聞ける居酒屋が、弘前市にはいくつか存在します。郷土料理や地酒を楽しみながら、津軽三味線の調べに耳を傾けると、青森県の素晴らしさを感じられるでしょう。
今回は津軽三味線を聞けるおすすめの居酒屋を紹介します。

 

津軽三味線ダイニング 響

A post shared by @asuka.chiba on


弘前パークホテルの3階にある郷土料理のダイニング「津軽三味線ダイニング 響」。ねぶたをモチーフにしたインテリアがおしゃれで、店内は明るい雰囲気が漂っています。
津軽三味線の演奏スケジュールは19時から1回、30分程度で4~5曲が披露されるので必聴です。ねぶた祭りなど特別な期間はスケジュールが変わることもあります。
自然や祭りの映像を背景にした三味線ライブは、視覚的にも楽しめるはず。全国大会で実績を残した若手の実力派が演奏しているため、聴く価値がありますよ。
メニューは郷土料理が多く、なかでも郷土料理尽くしの「かご膳」が人気。単品でもオーダーできるので、気軽に立ち寄ることができるでしょう。

INFORMATION

名称 津軽三味線ダイニング 響
住所 〒036-8182 青森県弘前市土手町126 弘前パークホテル
電話番号 0172-31-0089
URL http://satonone-hibiki.com/
GOOGLE MAP

 

津軽三味線と郷土料理の店 杏


若手三味線奏者の第一人者と言われる多田あつし氏率いる「夢弦会」によるハイレベルな演奏を楽しめる「津軽三味線と郷土料理の店 杏」。奏者は床座りでお客さんと同じ目線で演奏してくれるので、臨場感たっぷりです。
毎晩19時30分~と21時30分~の合計2回の演奏時間がありますが、演奏中は入店できないので行く時間には気を付けましょう。
本格的な郷土料理にこだわりを持っていて、特に津軽の家庭の味を堪能できる金頭のみそ煮は絶品です。岩木山名産の嶽きみを100%使用した地酒・安寿も評判ですよ。
大鰐温泉の地熱を利用して作られたそばもやしなど、普段はなかなか食べられないメニューも揃っています。

INFORMATION

名称 津軽三味線と郷土料理の店 杏
住所 〒036-8191 青森県弘前市親方町44−1
電話番号 0172-32-6684
URL http://anzu.tsugarushamisen.jp/
GOOGLE MAP

 

津軽三味線ライブ あいや

A post shared by kiki (@cooramsai) on


全国大会で三連覇を達成したキャリアを持つ実力派奏者、渋谷和生氏が経営する「津軽三味線ライブ あいや」。ライブでは渋谷氏はもちろんのこと、若手の優秀な奏者が日帰りで津軽三味線を演奏します。毎日19時~と演奏時間は決まっていて、その後の演奏は、タイミングの良い時に行われます。唄や踊りが入ることもあるので、さまざまな楽しみ方ができるでしょう。
利き酒ができる地酒セットや、けの汁入りのオムレツ、十三湖しじみバターなど個性的な創作郷土料理が揃っているのでおすすめです。

INFORMATION

名称 津軽三味線ライヴ あいや
住所 〒036-8186 青森県弘前市富田2丁目7−3
電話番号 0172-32-1529
URL http://www.shibutanikazuo.com/
GOOGLE MAP

 

まとめ

青森県ならではの夕食が楽しめる津軽三味線の居酒屋。青森県の郷土料理に舌鼓を打ちつつ、美しい調べに耳を傾ければ楽しい夜を過ごせそうですね。夜は繁華街に繰り出したい、という人はぜひ弘前市で探してみましょう。