豊かな自然が広がる福島県内には有名な温泉地がたくさんあります。観光スポットから近い場所にある温泉旅館に泊まれば、観光の拠点にできますね。今回は福島県内でも特におすすめの温泉地と、そのエリアの人気旅館を紹介します。温泉旅行を計画している人は必見です!

 

磐梯熱海温泉

(c)福島県観光物産交流協会

800年もの歴史を誇る磐梯熱海温泉は2015年に英国のウィリアム王子が訪れているほどの有名な温泉地です。
「郡山の奥座敷」と呼ばれ、かつては歓楽街温泉として栄えていたため、現在も大型旅館が多く残っていて、磐梯熱海駅周辺や五百川沿いで宿泊先を見つけることができます。
磐梯熱海アイスアリーナやスポーツアリーナなどスポーツ関連施設が目立ち、遠征で訪れるスポーツ選手や運動部の学生も少なくはありません。

磐梯熱海温泉の人気旅館「四季彩 一力」

A post shared by ayumii (@ayumiiii_24) on

磐梯熱海温泉を代表する大型旅館「四季彩 一力」は2,000坪にも及ぶ広大な日本庭園が魅力。秋には見事な紅葉を目にすることができますよ。
かつては昭和天皇が宿泊し、近年ではウィリアム王子が食事会に利用した旅館で、心のこもったスタッフのサービスが魅力です。
庭園露天風呂で開放的な気分を味わいつつ、「ぬる湯」では源泉かけ流しのお湯を堪能できます。

INFORMATION

名称 四季彩一力
住所 〒963-1309 福島県郡山市熱海町熱海4丁目161
電話番号 024-984-2115
URL http://www.ichiriki.com/
GOOGLE MAP

 

飯坂温泉

(c)福島県観光物産交流協会

ヤマトタケル伝説にも登場する飯坂温泉は2世紀から存在したと伝えられる日本でも有数の古湯で、宮城県にある秋保・鳴子温泉と並んで「奥州3名湯」のひとつに数えられています。福島駅からのアクセスがよく、遠方から旅行に訪れる人も少なくはありません。
モモやナシといったフルーツ狩りをできる施設が周辺に点在していて、レジャーに訪れる人の姿が目立ちます。

飯坂温泉の人気旅館「飯坂ホテル聚楽」

「飯坂ホテル聚楽」は大浴場に3本の源泉を引いている温泉旅館で、温泉の効能をじっくりと感じられます。温泉ではとにかく泉質にこだわる!という人にはぴったりの旅館と言えるでしょう。露天風呂だけではなくあつ湯やぬる湯など内湯の種類も充実しているところが特徴です。
夕食はライブキッチンで料理人たちのパフォーマンスを見ながらビュッフェ料理を楽しむことができるでしょう。

INFORMATION

名称 ホテル聚楽
住所 〒960-0201 福島県福島市飯坂町西滝ノ町27
電話番号 024-542-2201
URL http://www.hotel-juraku.co.jp/iizaka/
GOOGLE MAP

 

東山温泉

(c)福島県観光物産交流協会

福島県を代表する観光地である「鶴ヶ城」からほど近い東山温泉は、観光の拠点地としてぴったり。雄大な自然に囲まれていて、雨降り滝や原滝、向滝、伏見ヶ滝の4本はは東山四大滝として有名です。そんな東山温泉の泉質は硫酸塩泉で、リウマチ性疾患や慢性皮膚疾患によいとされています。
8世紀後半に開湯して以来、会津若松の奥座敷としてさまざまな人に愛されている温泉です。

東山温泉の人気旅館「庄助の宿 瀧の湯」

A post shared by uta (@uta45450721) on

「庄助の宿 瀧の湯」は「をんりーわん」をモットーにオリジナルサービスに力を入れています。2012年にリニューアルした大浴場からは豪快な滝を眺めることができて、気分爽快です。温泉旅館では珍しく能舞台の用意があり、夜には伝統芸能に触れることもできるでしょう。地産地消にこだわった郷土料理は旬の食材を使っているので、旅のよい思い出になるはず。

INFORMATION

名称 庄助の宿 瀧の湯
住所 〒965-0814 福島県会津若松市東山町大字湯本滝ノ湯108−108
電話番号 0242-29-1000
URL http://shousuke.com/
GOOGLE MAP

ここで紹介した以外にも会津・芦ノ牧温泉や土湯温泉など福島県には数多くの温泉がありますよ。日帰り湯や足湯を用意している温泉も多いので、旅行中に湯めぐりを計画してみるのもいいですね。