岩手の名スポット・厳美渓。ここでは、だんごが名産となっています。有名な空飛ぶだんごを求めて、ここに訪れる人は多いです。他にも、滝見だんごや、いつくしだんごが人気になっています。そこで今回は、厳美渓の人気だんごにフィーチャーしてお届けします。

 

厳美渓って?

A post shared by @akky.t.mam on

岩手県一ノ関にある厳美渓は、国の天然記念物に指定されています。岩手県、秋田県、宮城県の三県にまたがる栗駒山(標高1,652m)の噴火によって堆積した凝灰岩が、栗駒山の北斜面から流れ出る磐井川によって侵食された渓谷。これが厳美渓です。長きにわたって侵食された渓谷は、両側を険しい岸壁に囲まれています。奇岩の数々や四十八滝、甌穴という岩に空いた自然の希少な穴も見ることができます。

 

厳美渓の名物だんごは空を飛ぶ

A post shared by CHIKA (@chika_1717) on

厳美渓では、「空飛ぶだんご」を目当てに訪れる人も多いです。絵本にありそうなタイトルですが、実際、見て楽しめるグルメです。厳美渓に訪れた際には、ぜひ。
空飛ぶだんごを売っているのは、厳美渓にある「郭公屋(かっこうや)」。人気テレビ番組「水曜どうでしょう」にも登場しています。空飛ぶだんごは、「かっこうだんご」という名称で販売されています。だんご売り場は、郭公屋から川を挟んで向かいの岸壁(岩場)に存在。そこに、休憩所になっている東屋があります。
東屋には、一本のロープが。これは郭公屋から東屋まで延びています。それこそ、川を越えて谷を越えてやってきているわけです。東屋のロープには、かごがついています。これにだんごのお金(3本で400円)を入れます。お金を入れたら、ロープについている板を、やはりついているトンカチで叩きます。そうすると、対岸の郭公屋からお店の人が顔を出して、お金の入ったかごをスルスルとロープを滑らせて持っていきます。しばらく待つと、かごが戻ってきます。中には、だんごとお茶が入っているという流れです。だんごは、「あんこ・黒ゴマ・みたらし」の3つです。
厳美渓の険しい谷をだんごの入ったかごがロープを伝って軽快にやって来る様は、一見の価値アリ。ここでしか見られない、まさに絶景です。

A post shared by ebi sasaki (@pqebipq) on

空を飛んでくるだんごということで、メディアにも取り上げられています。しかし、その味も絶品。普通の球体型のだんごではなくて、円柱の形をしています。そして、触感は驚くほど柔らかい。食品添加物や合成保存料を一切使っていないので、安心して食べることができます。

INFORMATION

名称 郭公屋(空飛ぶだんご)
住所 〒021-0101 岩手県一関市厳美町滝ノ上211
電話番号 0191-29-2031
営業時間 9時~17時
GOOGLE MAP

 

滝見だんごは5色セットで食べ応え抜群

A post shared by komu3 (@komu563) on

厳美渓には、実はこの有名なかっこうだんごの他にも、2つのだんご屋が人気。全て巡って、食べ比べをする人も多いです。1つは、滝見だんご。厳美渓のほとりにあって、夫婦仲良く経営しているだんご屋です。名物は、5色だんご。いそべ・くるみ・あん・ずんだ・ごまの5本が入って650円。一ノ関産のササニシキを使っているだんごはこだわりの一品。

INFORMATION

名称 滝見だんご
住所 〒021-0101 岩手県一関市厳美町滝ノ上291−2
電話番号 0191-29-2139
営業時間 9時~17時
GOOGLE MAP

 

いつくしだんごは、お餅のような粘りが特徴

A post shared by ebi sasaki (@pqebipq) on

厳美渓のもう1つのだんごは、いつくしだんご。いつくしだんごは、その昔、この地域を「五串(いつくし)」と呼んだことからつけられています。そのため、1本の串に5つのだんごが刺さっているのが特徴。だんごは、厳美町産のうるち米を100%使用。もちもちしていて美味しいと評判です。
醤油・ごま・あんこの3本セットや、醤油・ずんだ・くるみの3本セットが人気メニュー。どちらも390円です。

INFORMATION

名称 いつくしだんごの館
住所 〒021-0101 岩手県一関市厳美町鴻ノ巣132
電話番号 0191-29-2033
営業時間 9時15分~16時45分
GOOGLE MAP