ご存じですか? 宮崎駿監督のアニメ映画「千と千尋の神隠し」で、千尋が迷い込んだ世界が、東京都小金井市にある「江戸東京たてもの園」にあるって。モデルとなった5つのスポットと、宮崎監督もたべた「武蔵野うどん」をご紹介します。

千尋がいた5つのスポットを散策しよう

1.千尋の両親が豚になったのは? ~鍵屋(居酒屋) 東ゾーンE3~


最初は、物語の冒頭で、両親が大皿料理を食べて豚になってしまうシーンのモデルとなったお店です。「鍵屋」という、もともとは江戸時代の終わりの頃から、東京都台東区下谷の言問通りで営業していた居酒屋です。

千尋の両親は、こちらのカウンターに並んだ大皿料理を、勝手に食べたことで、豚に変えられてしまいました。千尋の物語の始まりの場所です。

2.千尋が、千という名前で働いていたのは?~子宝湯 東ゾーンE4~


千尋は、ハクが湯婆婆に頼みこんでくれたことから、元々の千尋という名前を失い、新たに千という名前で「油屋」で働くこととなります。その「油屋」のモデルの1つが、「子宝湯」です。

八百万の神々が集う「油屋」のシーンは、「子宝湯」の湯船と洗い場がモデルです。スタジオジブリの公式HPでも「インスピレーションを与えられた」と記載されています。

3.釜爺の仕事場は?~武居三省堂(文具店) 東ゾーンE6~


クモのように長い手を動かして、薬草を取り出している「油屋」の釜爺のシーンは、こちらの棚がモデルなのです。東京都千代田区神田で、明治初期に創業した文具店「武居三省堂」の店内です。棚には、書道用品がストックされていました。

4.ハクが傷ついて飛び込んできたのは?~高橋是清邸 センターゾーンE3~


ハクが、ボロボロに傷ついて千尋のいる窓へ飛び込んでくるシーンのは「高橋是清邸」の2階の窓がモデルです。窓枠の、独特のデザインで、すぐわかります。こちらの建物は、昭和11年(1936年)に旧日本陸軍の若手将校が起こしたクーデター「2.26事件」によって、高橋是清が命を落とした場所でもあります。

5.カオナシと乗った電車は?~都電7500形 東ゾーン28~


銭婆に会うために千尋が乗った、海原鉄道の電車のモデルです。1962年(昭和37)に製造され、渋谷駅前から新橋や神田方面を実際に走っていた路面電車で、かつて東京都が運営していた「都電」の車輛です。カオナシと千尋が座っているシーンは、ここから生まれました。

宮崎監督も食べた「武蔵野うどん」


ランチは、「江戸東京たてもの園」の“東ゾーン”にある「たべもの処 蔵」がおすすめです。宮崎駿監督も、こちらで「武蔵野うどん」をいただいたそうです。

店内には、宮崎監督のイラストとサインも額に飾られています。

「武蔵野うどん」は、打ち粉に蕎麦粉を使っています。うどん、そば、両方の風味を味わえるのが「武蔵野うどん」の魅力です。トッピングとして別皿に分けてある、湯通ししてある短冊切りの大根、わかめにネギを、うどんに乗せていただきます。スープは、全部飲んでしまいたくなるほど、美味しいです。

「江戸東京たてもの園」を訪れたら、「千と千尋の神隠し」のアニメの世界を体験できます。ぜひ、宮崎監督も味わった「武蔵野うどん」もご賞味くださいませ。

INFORMATION

名称 江戸東京たてもの園
所在地 〒184-0005 東京都小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)
電話番号 042-388-3300(代表)
営業時間 4月~9月 9時30分~17時30分
10月~3月 9時30分~16時30分
休園日 毎週月曜日
入園料 一般400円
GOOGLE MAP